お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

世界で唯一、自分好みの究極のお米を作る!

美味しいお米はいろいろ食べてはみたけれど
私の好みにピッタリってないかしら?それならいい方法があります。ご自分の好みに合わせて
ブレンドすればいいのです。一流のお米どおしで作る究極のオリジナルブレンドです。そこで
味のシミレーションをご用意しました。銘柄とキロ数を選んで組み合わせてください。これなら
私の一番が見つかるわね!

お米は鮮度も命!おこめひろば野口屋では、どんなに少量でもご注文を頂いてから、 お好みに合わせて精米し、お届けします。美味しい幸せをどうぞお召し上がりください。

お米コンシェルジュ・お米マイスター店主 野口からのお薦めブレンド(お仕立て)の一例をご紹介します!
★歯応えの中にもモチモチ感があるブレンド
長野五郎兵米2割  京都京の宮御膳2割  夢ごこち1割

★噛んでて甘味を感じながらもコシを感じるブレンド
魚沼塩沢コシ2割   佐賀さがびより2割  ミルキークィーン1割

★さっぱりしながらも粘りを感じるブレンド
北海道ななつぼし2割  山形つや姫2割  北海道ゆめぴりか1割

★モチモチ大好き!でも歯応えもあるブレンド
魚沼湯沢コシ5割  夢ごこち3割   ミルキークィーン2割

ブレンドの新しい美味しさをお試しいただき、ご自分の好みに最も合う1番のお米をお楽しみくださいませ。

ブレンド(お仕立て米)

お味のシミレーション

ブレンド(お仕立て)・ご注文方法:

1.2つ以上の銘柄と、それぞれキロ数を選びます。
2.ブレンド(お仕立て)のお米の特徴の予想が★印で表示されます。
3.分つきを選びます。(お選びいただいたお米、すべて同じ分つきとなります)
4.お選びいただいた内容は下に自動で転記されます。そのままご注文、お問い合わせできます。
※より詳しいご注文方法はこちらのページにも記載してあります。

  • 銘柄1 Kg
  • 銘柄2 Kg
  • 銘柄3 Kg
  • 銘柄4 Kg
  • 銘柄5 Kg

「分つき」を選択してください

    お仕立て米 予想

  • 粘り

  • つや

  • 甘味

  • 固さ

お選び頂いた商品の合計金額  0円(税込)
※合計金額に送料は含まれていません。→送料確認

お問い合わせ・ご注文フォーム

お選びいただいたお仕立て内容で問い合わせたり、注文する場合は、お名前等をご入力の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
マークが表示されている項目は入力必須です。 ※ご注文の場合は、特定商取引法上の記載送料についてもご確認ください。

お問い合わせ ご注文




お仕立て内容の確認(この部分はメールに自動的に送信されます)
(お仕立て内容は、ここに表示されます)


おこめの話 最新1件

日本最古の「おにぎり」って? 「おむすび」とはどう違う?

omusubi4.jpg

6月18日は、「おにぎりの日」だそうです。石川県の旧鹿西町(現・中能登町)で弥生時代後期の遺跡「チャノバタケ遺跡」で日本最古の「おにぎり」の化石が発見されたことから、「鹿西」の「ろく」と、毎月18日の「米食の日」(「米」の字を分解して「八十八」から)にちなんで制定されたそうです。発見された炭化米には人間の指で握られた形跡も残っていたとのことです。

一方で、「おむすびの日」もあります。 それは1月17日で、阪神・淡路大震災が起きた日です。食べ物不足で不安のどん底にいた被災者を、ボランティアがおむすびの炊き出しで支援したことから、米食の大切さとボランディアの善意を忘れないために制定されたそうです。

「おにぎり」と「おむすび」の違いには諸説あるようですが、ひとつには、「おにぎり」は米を握ったもので、形はボール型でも俵型でもいいようですが、「おむすび」は神様が宿る山型だとか。そうなると、「おむすびころりん」で転がる「おむすび」は三角だったということになるかと思われます。

日本で全体的には「おにぎり」が多いようで、関東から東海にかけて「おむすび」と呼ばれる傾向にあるようです。

さて、「おにぎり」ですが、平安時代にはおにぎりの原形の「頓食」というものがあります。鳥の卵に似ていることから「鳥の子」とも呼ばれました。この頓食は戦国時代には兵や畑仕事の携帯食として、また招待客へのもてなし用として用いられました。 現在のように海苔が巻かれるようになったのは江戸時代の元禄期だそうです。四角い板海苔の「浅草海苔」が普及したことで、海苔をおにぎりに巻けばご飯が手につかないので食べやすく、栄養もあり、おいしいということで、おにぎりに海苔を巻く習慣が広まったそうです。