お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

新米の時期はいつまで?正しい保存方法と炊き方でさらにおいしく!

日本人の食生活に欠かせない、お米。パンやパスタ、そば、うどんなどその他にも主食と言えるものは多数ありますが、最終的にはお米に戻ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

なかでも、毎年訪れる新米の時期のお米は格別!ほのかな甘みさえも感じられ、ふりかけや梅干しなどご飯のお供がなくても、おいしくいただけますよね。

今回は、新米にまつわるあれこれから、おいしく新米をいただくためのポイントまで、徹底的に解説いたします!

そもそも「新米」って何?

新米には、JAS法に基づいた「玄米及び精米品質表示基準」という決まりがあります。原料玄米が生産された当該年の12月31日までに精米し、梱包したものだけが新米と呼べる基準です。また、玄米も生産された年の12月31日までに梱包されたものだけが新米になります。年が変わると「古米」と呼ばれ、1年古くなるごとに「古々米」「古々々米」と呼ばれていきます。

新米の時期はいつからいつまで?

新米の時期はいつからでしょう。新米は産地やお米の種類によって少し前後します。一般的には9〜10月が新米の季節です。この時期になると、お米屋さんでも新米の入荷のお知らせがありますね。九州や沖縄で生産される品種は早いと8月上旬からで、関東は8月下旬、東北は9〜10月上旬が新米の時期です。

新米は、12月31日までに精米・梱包されていれば「新米」ですので、翌年になっても「新米」が販売されている場合もあります。そのため「出回る時期がいつまでか」という明確な基準はありません。

品種別の収穫時期

有名な品種の収穫時期を紹介しましょう。

・コシヒカリ
日本一おいしいと言われる、魚沼産コシヒカリ。特に新潟県南魚沼産は別格で、高級品とされています。南魚沼での収穫時期は9月下旬から10月です。涼しくなってきた頃においしい新米が出荷されます。コシヒカリは元々福井県で開発され、開発後すぐに新潟県の推奨品種に指定されました。新潟県はコシヒカリ栽培に適した気候や風土であるため、この地が選ばれ一足先に栽培を開始。今では品種改良がされ、秋田県から九州まで日本全国で栽培されています。米の作付け面積の1/3を占めている定番の品種。コシヒカリの特徴は、炊き上がりの光沢感と強い旨みと粘りです。歯ごたえや柔らかさなど、どれをとっても優れたお米と言われています。

・あきたこまち
あきたこまちは秋田県、岩手県、茨城県で主に生産されており、コシヒカリに比べて10日
から2週間も早く収穫できる品種です。茨城県では8月のお盆の頃から収穫が始まり、東北産は、1か月半後くらいから収穫が始まります。コシヒカリを親に持つあきたこまちは、コシヒカリのおいしさや香りを受け継いでいますね。価格も手ごろで、身近な品種です。

・ななつぼし
北海道産米の中で、最も多く作られている品種です。粘りのある国宝ローズを交配させたお米でツヤ、粘り、甘みのバランスが抜群。冷めてもおいしく食べられるので、お弁当やお寿司などに使われています。程よい甘みと粘りでサラサラ食べられる軽い食感のお米です。収穫時期は9月下旬から10月下旬ごろですね。

・つや姫
つや姫は、コシヒカリをしのぐとも言われるおいしさで、人気がある品種です。つや姫のルーツは、明治時代に山形県で開発された亀の尾という米が祖先。山形県では、約10年の開発期間をかけてたどり着いたお米です。甘みと旨みがあり、炊き上がった時のツヤは美しくバランスのとれたお米で、コシヒカリを上回る評価を得ています。発祥の地である、山形県での生産が盛んで、お盆の時期から9月末頃に収穫されますね。

・ひとめぼれ
ひとめぼれは、おいしさと耐久性にすぐれたお米で、ササニシキに変わるお米としてに気を博しました。宮城県が開発したお米で、宮城県の風土や気候に合っています。そのため、主な産地は、宮城県や岩手県の東北地方がメインです。ひとめぼれは、バランスのとれた優等生タイプのお米、コシヒカリ譲りの味や食感を残した優しい味わい。宮城県では、お盆過ぎから9月下旬に収穫されます。

おいしい新米の見分け方

おいしい新米の見分け方は、精米した瞬間から鮮度が落ちていくため、なるべく精米日が近いものを選ぶと良いでしょう。精米したら常温で夏場は数週間、冬でも1か月以内に食べきることをおすすめします。スーパーで選ぶときは、精米日が直前のものを選びましょう。一度精米してしまうと鮮度は落ちていくので、まとめ買いはおすすめしません。こまめに買う方がその都度新鮮なお米を食べられます。ベストな量は、1ヶ月程度で食べきる分だけ買うのがおすすめですよ。

また、見た目もチェックできるポイントがあります。お米の大きさは揃っている方が良いです。ひび割れたり、欠けたものが多いと味が落ちます。色は、透き通ったお米は熟成しており、真っ白なお米は成長の途中で発育不良になったお米です。どんなに良いお米でも白いお米は混じっていますが、白いお米ばかりですとグレードが良くない可能性があります。

買ったお米は冷蔵庫で保存しよう

おいしい新米を購入したら、保存方法も大切。お米の置き場所といえば、キッチンの隙間や戸棚の下の方に米びつを置いているという方も多いのではないでしょうか。実は一番ベストな保存場所は「冷蔵庫の野菜室」なんです!

お米は空気に触れることで酸化してしまうため、ジップ付きの袋や蓋がしっかり締められる容器に移し替えて空気を遮断し、冷蔵庫で保存しましょう。ペットボトルで保存するのもおすすめですよ。

どうしても冷蔵庫に入れられない場合は、密閉できる容器に移し替えてから、直射日光が当たらない涼しい場所で保存しましょう。

新米のおいしい炊き方

新米を購入したら、おいしく食べたいですよね。いつもよりおいしく炊くコツは、研ぎ方にあります。新米の研ぎ方はやさしく!力を入れてお米を研ぐとお米が割れてしまい、炊き上がりのツヤも損なわれます。くるくるとかき混ぜるように研ぎましょう。

お米が研げたら、しばらく水に漬けておくとさらにふっくら炊き上がりますよ。浸水時間の目安は夏場40分以上、冬場は1時間以上。急ぎの場合は、50度位のお湯に10分浸してもOKです。きちんと水に漬けたお米は水分を吸収しているので、炊く際に入れるお水はほんの少しだけ少なめに!

やっぱり新米が食べたい!

せっかくおいしい新米を購入しても、炊き方や保存方法を間違ってしまっては台なしです。また、同じ新米でも、品種によって風味や食感、適した炊き方が異なりますので、しっかりとポイントを抑えておいしくいただきたいですね。

日本人であることのありがたさを感じさせてくれる、新米。好みの品種を見つけて、おいしくいただきましょう。