お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

ドローンで田んぼに種もみ

コメ農家も効率化追求の時代へ

TSSテレビ新広島

日本の田植えの風景が大きく変わるかもしれません。JA広島中央はドローンを使って空中から田んぼに種もみをまき、稲を育てる実証実験を東広島市で始めました。

タンクに稲の種もみを搭載したドローン。

田んぼの上を飛行させて種もみをまんべんなくまいていきます。

この試みを行ったJAによりますと、ドローンを使用した直まきは全国でも珍しいということです。

使用した種もみにも仕掛けがあります。磁石を近づけるとご覧の通り。鉄の粉でコーティングしてあるんです。時間がたつと重さで土の中に沈み、鳥に食べられにくいなどのメリットがあります。

今回の実験の狙いは作業の効率化です。従来の田植えでは重さ8キロほどの苗箱を運ぶ必要があり、田植え後には機械の洗浄も必要です。ドローンを使うと、これまで1時間かかっていた作業が、わずか10分で終えることができました。

【JA広島中央営農指導課・溝西優課長】

「早いし汚れないのですごく楽でした。1人が植え付けていける面積がかなり広がってくると思います。若い意欲のある方が(田を)広げていきたい時に役に立つと思う」

JAは収穫の状況などを調べて、活用策を検討することにしています。