お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

おこめの話 INDEX

  • 古いゴハンはフライパンで焼いてお茶漬けにすると劇的に美味くなる

  • 2017年5月 9日

    炊き立てご飯を冷凍庫に保存しても、レンジでチンして美味しくは食べれますが下記の方法だと更に美味しく食べれるとネットで話題になっています。ぜひ、お試しあれ。 炊きたてフレッシュな「ホカホカごはん」は天下無敵の4番バッターだが、少し時間の経ってしまった「カピカピごはん」や、冷凍ストックしておいた保存用のごはんは、食卓の戦力としては乏しくなる。少なくともエースではない。ベンチだ。 だが、そんなベンチ的 →さらに読む

  • おにぎりに味噌を塗った「味噌おにぎり」が激ウマ

  • 2017年5月 8日

    いまネットで色んなおにぎりのレシピが載ってますが注目のおにぎりレシピを紹介いたします。 ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。 日本人のソウルフードといえば、誰が何と言おうと「おにぎり」であろう。人のため、あるいは自分のために心を込めてニギニギし、ハムッと食べれば......味はもちろん、握った人のことまで思い出す! これまでの人生、いくつもの「思い出のおにぎり」があったはず。ソウルフードというよ →さらに読む

  • 味付けのり、なぜ関西で人気?

  • 2017年5月 7日

    関東では、おにぎりに巻く海苔は焼き海苔が殆どでコンビに売られてるおにぎりも焼き海苔です。しかし関西では味付け海苔が主流だそうです。下記の記事は日本経済新聞より抜粋しました。 大阪市内のコンビニエンスストアでは味付けのりのおにぎりをよく見かける。関西人にとっては「おにぎりののりは味付けが当たり前」といい、家庭で作るおにぎりでも味付けのりを使う。スーパーでも焼きのりより味付けのりの品ぞろえが多いようだ →さらに読む

  • 米は太らない!?太りにくい体を作るごはんの食べ方

  • 2017年5月 6日

       「お米は糖質が多いから...」という理由で、主食に比較的糖質の少ないパンやパスタ、そばなどを選ぶ人が増えている。そもそも、近年、米離れが進んでいる現状がある中、拍車をかけるように、この糖質制限ブームが、米に対するイメージを曇らせている。 しかし、ネガティブなイメージだけが独り歩きしている現状もあるようです。 ■米離れが進むニッポンの切ない現状 米離れは決して今始まったわけではない。農林水産省 →さらに読む

  • "硬めが好き"には北海道産

  • 2017年5月 5日

    毎年2月に公開される、日本穀物検定協会の「米の食味ランキング」。その道の専門家が、産地と品種ごとに炊飯した白飯を試食して、見た目・香り・味・硬さ・粘り気をチェック。総合評価で、基準米より特においしいお米が「特A」に選ばれる。全国から集まるおよそ140種類から、"特A"の太鼓判を押された品種は、44種類。 ひと昔前までは、特Aは20種類程度で、コシヒカリかササニシキなどの一部品種のみでしたから、新品 →さらに読む

  • いちほまれ「甘ーい」と評判上々 福井の新ブランド米を一般試食

  • 2017年5月 4日

    この秋、デビューの福井の新ブランド米「いちほまれ」を試食できる体験イベントが29日、福井市の県農業試験場で行われ、来場者が炊きたてのご飯をほおばった。「甘い」「お菓子みたい」と、会場のあちらこちらで声が上がり、福井の新たな"看板"の味を実感していたようです。  いちほまれは、福井発祥のコシヒカリを超える品種を目指し、県農試が2011年度から6年かけて開発した。一般向けの試食会が県内で開かれるのは初 →さらに読む

  • 新品種「富富富(ふふふ)」の生育順調

  • 2017年5月 3日

    富山米の新品種「富富富(ふふふ)」の苗が順調に成長している。2日は県の普及指導員が生産農家の育苗ハウスを巡回し、草丈や葉の色、根の張り具合をチェック。丈はコシヒカリより2~3センチ短く、収穫期を迎えても倒れにくいという特長の片りんをうかがわせた。 今年は30アールで試験栽培する富山市婦中町笹倉の大塚潔さん(54)のハウスを訪れ、4月20日に種もみをまいた富富富の生育状況を調べた。苗は10センチほ →さらに読む

  • 田んぼアート&田植えに挑戦 参加すると収穫したお米が贈られる

  • 2017年5月 2日

    これから田植えのシーズンとなるが、 ネオナチュラルの母袋有機農場(岐阜県郡上市)では、地元の農業生産者の指導で田植えに挑戦できるそうです!   行うのはコシヒカリともち米、古代米の3種類の苗を使用した手植えによる田んぼアートと、田植機を使った田んぼアート。当日の昼食会では地元食材を使用した手作り弁当のほか、川魚の塩焼きなどを楽しめる。さらに、川原散策など都会では体験できない昔ながらのライフスタイ →さらに読む

  • 食べるだけで花粉症が治る「スギ花粉米」の現在

  • 2017年5月 1日

    臨床研究が進むスギ花粉米 食べるだけで花粉症を治すコメがある。 そのコメとは「スギ花粉米(旧称:スギ花粉症緩和米)」。正式には「スギ花粉ポリペプチド含有米」および「スギ花粉ペプチド含有米」と、呼ばれている。農林水産省所管の研究機関である農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が開発し、現在、臨床研究が進められている段階だ。 「スギ花粉ポリペプチド含有米」はコシヒカリ、「スギ花粉ペプチド含有米」は →さらに読む

  • カレーが劇的においしくなるお米の選び方・炊き方

  • 2017年4月29日

    「カレー」といえば、インドカレーを中心に、世界的に広く知られている。一方で「カレーライス」といえば、日本人にとって我が家の食卓に欠かせない、温かみのある日本食といったイメージが根付いている。「ライス」は日本人のカレー文化にとって欠かせない存在なのだ。 そこで今回は、カレーの「ライス」に注目。最もカレーを美味しく食べるためのお米選びと炊き方のコツを伝授。 ■カレーに合うお米の条件とは? 普段、何気 →さらに読む