お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

おこめの話 INDEX

  • ワンコインで美容成分たっぷり! お茶パックで簡単「米ぬか風呂」でお肌ツヤピカに!

  • 2017年12月27日

    健康と美容のために「ぬか漬け」を始めたら、手がしっとりキレイになった...なんて声を聞いたことがありませんか? 米由来の酵母や発酵エキスなどを使った、サイエンス系コスメが注目されています。ブランドによっては、数万円もするので驚きです。そんな秘めたるパワーを持つお米ですが、最も栄養を含むのは「米ぬか」の部分です。精米店へ行けば、無料もしくは数百円程度ですから使わない手はありません。カサつく肌が痛む →さらに読む

  • 中国は農業大国なのに! なぜ日本から米を輸入する必要があるのか

  • 2017年12月26日

               日本を訪れた中国人旅行客の間で電気炊飯器が人気となったことは記憶に新しい。これは日本メーカーの炊飯器で米を炊くと美味しいご飯ができると評判になったためであり、中国人も日本人と同じように美味しいご飯に対して強いこだわりを持っていることが分かる。  日本の約26倍もの国土を持つ中国は農業大国でもあるが、富裕層を中心に日本のコメが「美味しい」として人気を集めており、高級スーパーなど →さらに読む

  • <食糧法違反>飼料用米が主食で流通 JA福島さくら

  • 2017年12月24日

    米業界が、飼料米政策により価格が高騰して消費者も含めて困ってる中でとんでもない事件が起きました。 福島県の県中地方と浜通り南部を管轄する「JA福島さくら」は22日、いわき市で2016年に貯蔵されていた飼料用米を主食用米として流通させるなどした食糧法違反があったと発表した。農林水産省は同日付で、16年産の飼料用米の一部について国の認定を取り消し、18年産は飼料用米の取り扱いを認めない措置を講じた。県 →さらに読む

  • JA全中、減反継続 幻に コメの全国組織発足 米価維持へ抵抗なお

  • 2017年12月23日

    2018年からのコメの生産調整(減反)廃止を踏まえ、全国農業協同組合中央会(JA全中)が核となる新たな全国組織が21日、発足した。当初の狙いは農家に生産上限を示し、これまで米価を高止まりさせてきた減反を事実上継続することだった。だが組織はできても目当ての生産調整機能は実現しなかった。背景には、政治とJA全中の水面下の攻防がある。 画像の拡大 「全国農業再生推進機構」の設立総会であいさつするJA全 →さらに読む

  • コメ生産 JAが全国組織 卸・中食、主要団体参加へ

  • 2017年12月22日

    業務用、品不足続く JAグループが年内に立ち上げる予定の「コメ生産の全国組織」に、民間の主要な卸団体や中食団体が参加する見通しとなった。国による減反政策は50年近く続いたが、来年から廃止となり、都道府県への生産目標の配分や一部補助金がなくなる。JAは国に代わり、グループ外も巻き込んで生産調整に乗り出す。 コメ生産は農家の創意工夫が重要になっている(千葉県)  中食事業者で構成する日本炊飯協会は参加 →さらに読む

  • 鳥取県、カレーが好き過ぎるあまり「カレーに合うお米」を開発してしまう

  • 2017年12月21日

    10月にご紹介しましたが、鳥取県が新しい形態のお米を開発しました。ここで詳しくご説明します。 日本人の主食、お米への情熱は今さら語るまでもないほど高い。パンや麺類の台頭に加えて低糖質ダイエットブームもあり、国内でのお米の消費量は減少傾向にあるとはいえ、美味しいお米を求める姿勢にぶれはないですね。 その熱意を感じさせる新たなお米「プリンセスかおり」が、2017年12月19日、鳥取県でお披露目されまし →さらに読む

  • タイ産ジャポニカ米、食味向上 和食ブームの現地で人気

  • 2017年12月19日

    日本産米の強敵に  タイで同国産のジャポニカ米(日本米)の人気が高まっている。かつては「においがきつい」「粘りがない」と敬遠されていたが、今では味の評価は高まり、日本食ブームを追い風に日本食レストランなどでの利用が広がっている。日本産米の強敵となりつつあるタイ産ジャポニカ米の人気の秘密を探りに、生産・加工現場を訪ねた。(タイ北部チェンライ、中部パトゥンタニで堂本晴美、写真も) タイ米より4割 →さらに読む

  • 白いごはんに混ぜるだけ!血糖値の上昇を防ぐ食材

  • 2017年12月18日

    白ご飯は、血糖値が急上昇するリスクがあると言われています。 抵糖質を心がけている人たちにとっては、非常に悩ましい話でありますが。 ご飯を外した食事はぽっかり穴が空いたような気持ちになるからです。 そんな心の隙間を埋める方法がある。ご飯に混ぜるという方法です。 ご飯に混ぜることで、血糖値の急上昇を避けられる食材があるのです。 そのお助け食材を紹介します。 ■白米ご飯はリスクあり?でも食べたい... →さらに読む

  • 【食べてもやせる話題の食材】「もち麦」と「押し麦」の違いは?

  • 2017年12月16日

    白米を麦ご飯に変えることができるなど、ヘルシーメニューとしても取り入れられている麦には「もち麦」と「押し麦」などの種類があります。最近ダイエットにもおすすめ食材として注目されている「もち麦」と「押し麦」の違いや栄養についてご紹介していきます。 「もち麦」と「押し麦」の違いとは 「もち麦」と「押し麦」はどちらも大麦の一種です。この2つの違いは加工法や性質にあると言われています。米にもうるち米やもち →さらに読む

  • なぜ夏にやらない?わざわざ冬に「餅つき」をする理由って

  • 2017年12月15日

    「夏のスイカ割り」と対極にある行事といえば「冬の餅つき」ですね。寒い日にペッタンペッタン餅をつく姿はもはや恒例行事だが、ふと疑問が......。「ん、わざわざ冬に餅つきをする意味ってなんだ?」。夏じゃダメなのかだろうか。冬に絶対やらなきゃいけないのでしょうか。 餅つきは「ハレの日」が大きく関係していた なぜ餅つきを冬にするのか――。 「餅つき 冬 理由」。さっそくググってみると、いくつか関連サイ →さらに読む