お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

おこめの話 INDEX

  • 8月18日は【お米の日】胚芽米や玄米、赤ちゃんはいつからOK?

  • 2017年8月21日

    精製された白米や小麦よりも、玄米や胚芽米、胚芽パンは大人にとっては体にいい食べ物といわれています。ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富に含まれているので、つい赤ちゃんにも食べさせたくなりますね。 いつぐらいから、赤ちゃんは食べることができるのでしょうか?今回は、それぞれの特徴とあわせて解説します。 玄米や胚芽米ってどういうもの? お米は「ぬか層」「胚芽」「胚乳」の3つからできています。玄米はも →さらに読む

  • 新提案!「ご飯はフライパン炊きが一番!」

  • 2017年8月19日

    ご飯を炊くなら炊飯器より土鍋がいい、いや厚手のホーロー鍋だと色々とご意見がありますが、テレビ等でもおなじみの日本料理店「分とく山」・野﨑洋光さん曰く、「ご飯はフライパン炊きが一番上手に炊けます」とのこと。 その理由は? ○底面が広く、高さがあまりないので米の対流が起きやすい。○面積が大きいため、土鍋やホーロー鍋よりも加熱ムラが少ない。○フッ素樹脂加工のフライパンなら、米がつきにくい。  「早く炊 →さらに読む

  • ダイエットに効果的って本当? 玄米のうれしい効果とおいしい食べ方

  • 2017年8月18日

    白米よりも栄養が豊富で、健康的なイメージがある玄米。ダイエットにも効果的だと思っている女性も多いかもしれませんが、それは本当なのでしょうか。玄米に含まれる栄養素や身体に与える効果について、管理栄養士の方に解説していただきました。 ■玄米って何? そもそも玄米とはどんな食品なのでしょうか ◇玄米とは 玄米とは、稲の「もみがら(外皮)」を除去しただけの、精米されていないお米のことです。玄米を精米して →さらに読む

  • コメ不足再来?冷夏の影響「やませ」とは

  • 2017年8月17日

     北海道から関東にかけて、夏らしくない天気が続いている。この涼しさで心配されているのが、私たちの食事に欠かせない「コメ」への影響だ。 ■「コメどころ」が「やませ」に...  気象庁がホームページに公表した、ここ20日間平均気温を見ると、北海道、東北の太平洋側が特に平年より低いことがわかる。また、ここ20日間合計の日照時間を見ると、北海道や東北の太平洋側が特に短かったことがわかる。  これは、6~ →さらに読む

  • 【天然成分たっぷり!】米油を上手に使って健康美人に♪

  • 2017年8月16日

    《米油の歴史》 米油はその名の通り、米から作られた油のこと。ほぼ国産品の植物油ということで注目を集めています。 米油は元々、そうめん製造の時の伸ばし油として、江戸時代から作られていたと言われています。 一般的に出回り人気を博したのは、昭和30年代に入ってからで、紆余曲折ありながらも、新たな用途の開発もあって販売が活性化されていきます。マヨネーズ、油漬け缶詰など、米油の風味と安定性を生かした開発が →さらに読む

  • 目を見張る絶景に親子で大興奮! 美しい棚田31選 ドライブも

  • 2017年8月15日

    自然と水田が織りなす原風景に"癒される"と人気を集める「棚田」。稲の生育にしたがって水田、青田、稲田と姿を変え、何度出かけても新しい魅力があります。もちろん無料のお出かけ先なので観光や日帰りのドライブにもおすすめです。最近では「棚田オーナー制度」やイルミネーションなどのイベントも開催され、新しい棚田の魅力を発信していることもあり、注目度も高まっています。今回は31カ所の親子で行きたい絶景の棚田と →さらに読む

  • 美味しいご飯を炊くために やってはいけない6つのNG

  • 2017年8月14日

    どんどん高性能になる炊飯器のおかげで、普通にセットするだけで十分美味しいご飯が炊けるようになりました。でもそれだけではもったいない。プロ直伝のプラスαのコツを利用することで、さらにおいしさをアップさせることができるんです。 まずは炊飯前で知っておきたい お米の旨味アップの極意 炊飯前の最大のポイントは、浸水いらずの炊飯器でも必ず水に漬けること。炊飯器の炊飯モードでも浸水は行われていますが、季節ご →さらに読む

  • 高級炊飯器、主要5モデル「味と食感」徹底テスト 「おにぎり」「冷凍」がウマい機種も明らかに!

  • 2017年8月12日

    新米シーズンに合わせて炊飯器の買い替えで気分も一新はいかがでしょうか? 炊飯器のテスト結果が出てましたのでここで御紹介します。 米離れが進んでいると言われて久しいですが、一方でごはんのおいしさにこだわる人は増加中です。2006年に三菱電機が10万円を超える炊飯器「本炭釜」を発売して以来、高級炊飯器が各メーカーから続々登場。好調な売り上げを見せています。 人気5機種で炊いたごはんの食感・味の傾向 →さらに読む

  • 毎日のごはんを美味しくするプレミアムしゃもじ

  • 2017年8月10日

    いよいよ新米の季節到来。そこで更に美味しくご飯をいただけるグッズの紹介をいたします。 パンもパスタもいいけれど、毎日食べるならやっぱり白ごはん。コメ選びや研ぎ方、炊き方にこだわる人は多いけれど、意外に難しいのが炊き上がったごはんをほぐす工程、通称"シャリ切り"です。炊きあがったごはんを十文字に切り分け、米粒をつぶさないよう注意しながら底から返して切るようにほぐしてやると、ごはん一粒一粒にツヤが生 →さらに読む

  • 【茨城県】極わせ「一番星」稲刈り

  • 2017年8月 8日

    またまた新米の刈り取り情報が届きました。 早場米産地の潮来市で、極わせ品種「一番星」の稲刈りが始まった。夏の日差しの下、黄金色に実った稲穂が次々と刈り取られている。 一番星は、県が「あきたこまち」に変わる極わせ品種として研究開発し、市内の農家でつくる潮来市大規模稲作研究会(宮本勝美会長)が2013年から、有機肥料を使った特別栽培米として生産している。大粒で食味が良く、粘りがあるのが魅力という。  →さらに読む