お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

おこめの話 INDEX

  • 魚沼産コシヒカリ、初めて最高評価逃す 食味ランク

  • 2018年2月28日

    17年産米、天候不順影響か 日本穀物検定協会(東京・中央)が28日発表した「2017年産米の食味ランキング」で、「最高級のコメ」として有名な新潟県魚沼産コシヒカリが初の格下げとなった。魚沼産コシヒカリは上から2番目の「A」評価となった。1989年に現在の制度となってから2016年まで、魚沼産コシヒカリは28年連続で最高位「特A」を維持していた。あくまで相対的な順位付けだが、昨夏の天候不順によってコ →さらに読む

  • コメ作付け、横ばい7割

  • 2018年2月28日

    減反廃止の初年度 18年産の値崩れ回避、増産は秋田など6県どまり 農林水産省は27日、2018年産米の作付け見通しをまとめた。17年産実績と比べ、7割超の36都道府県は前年並みで、増加は東北を中心に6県にとどまる。18年は50年近く続いた減反がなくなる初年度。高値で推移してきたコメの値崩れを回避しようと、前年比で横ばいを計画する産地が目立つ。 各地で今後、稲の苗を育てる(岩手県、17年春)  1 →さらに読む

  • コメの販売優先、会計後回し 56億円赤字のJA 秋田

  • 2018年2月28日

    何度かここでも紹介しましたがJAの巨額赤字についてです。     全国の農協改革の「モデル」とみられてきたJA秋田おばこ(本店・秋田県大仙市)の失敗が波紋を呼んでいる。国による米の生産調整(減反)が昨年で終わり、農協の経営能力がより重要になる中、力を入れてきた卸会社などへの直接販売で約56億円の累積赤字を抱えた。販売拡大を優先し、適正な会計処理が後回しにされていた。  「組合員は疑心暗鬼になってお →さらに読む

  • コメの消費量2カ月連続減 1月

  • 2018年2月27日

    米穀安定供給確保支援機構(東京・中央)は26日、1月のコメ消費動向調査の結果を発表した。1人あたり消費量は前年同月比0.2%減の4.4キロと2カ月連続でマイナスだった。  家庭の消費が同3.7%増となった一方で、中食・外食は同8.9%減と大幅に縮小した。中食・外食のコメ消費は10カ月連続で前年同月を下回っている。  消費者の飲食店での支出そのものは全体的に底堅い。外食産業で構成する日本フードサー →さらに読む

  • 甘み・うま味コシの1.2倍 「富富富」

  • 2018年2月27日

             今秋デビューする富山米の新品種「富富富(ふふふ)」の食味データを県農業研究所(富山市吉岡)が分析したところ、「甘み」と「うま味」に関わる成分がコシヒカリより2割多く含まれていることが分かった。「おいしさ」が科学的に証明された格好で、本格販売に向けてPR材料にしていく。 「富富富」と標準的な県産コシヒカリを炊き、100グラムのご飯に含まれる糖の量を比べた。その結果、富富富は甘みをも →さらに読む

  • お米のとぎ汁活用法!

  • 2018年2月26日

    毎日出るお米のとぎ汁。流してしまえば生活排水ですが、とぎ汁にはお米から流れ出たタンパク質やデンプン、ミネラルなどの成分を含むため、上手に利用すれば資源となり、エコにもなります。 ①米糠代わりに筍やゴボウのアク抜きに使う。 ②大根などの根菜類を白く茹でるさいに使う。 ③魚の干物の戻しやえぐみ取りに使う。 ④昔から掃除やお風呂で使われてる「ぬか袋」のように食器洗いや拭き掃除、洗顔などに使う。 ⑤とぎ →さらに読む

  • またまた値上げに!

  • 2018年2月24日

    越後製菓 包装米飯、一部値上げ 越後製菓(長岡市)は、包装米飯の一部商品を4月2日出荷分から値上げする。飼料用米などへの転作が進んだ影響などで原料の米の価格が上昇。人手不足による人件費や物流費の上昇も重なった。同社は「合理化努力だけでコスト上昇分を吸収するのは困難」と説明している。  対象となるのは「越後のごはん」や「玄米ごはん」など12品。「越後のごはん こしひかり」は現行の160円から170円 →さらに読む

  • 炒飯は【卵は先まぜ? 後まぜ?】

  • 2018年2月23日

    自宅で作るといつもべちゃっとしたチャーハンになってしまうという方に、パラパラチャーハンの作り方をご紹介します。パラパラに仕上げるコツや、たまごを先に混ぜるべきか、後に混ぜるべきかを検証してみました。 コンロから離さずよく振ることがパラパラへの近道です! 憧れのパラパラチャーハンを作るためには、コンロからフライパンを離さずに、ヘラを使ってよくかき混ぜることが重要です。お米の一粒一粒にたまごがコーティ →さらに読む

  • 5つのコツで失敗知らず! 冷ご飯で作る「カリカリ焼きおにぎり」

  • 2018年2月22日

    朝に炊いて保温し続けたごはんや、冷凍ご飯を温め直して食べるとイマイチおいしく感じない。そんな時は、「カリカリ焼きおにぎり」にすれば、残りご飯がおいしく食べられます。焼きおにぎりを作ってみたら、おにぎりが崩れてしまったり、表面が真っ黒に焦げてしまった経験はありませんか? 私も焼きおにぎりを上手に作るのが苦手でした。今回は、焼きおにぎり名人の母に聞いたおいしい焼きおにぎりを作るコツをご紹介します。焼き →さらに読む

  • あきたこまち 再値上げ難航

  • 2018年2月21日

    巨額損失のJA、穴埋め狙う 「既契約分も対象」卸反発 全国で定番のコメ銘柄「あきたこまち」の再値上げを巡り、JAと卸との交渉が難航している。日本一のコメ取扱高を誇るJA秋田おばこ(秋田県大仙市)で1月末に巨額損失が発覚、穴埋めの一環として同JAはコメの販売価格引き上げを要請した。契約分も含め値上げを求めるのは異例だ。 画像の拡大 画像の拡大 秋田産あきたこまちは各地のスーパーで定番品だ(東京都内) →さらに読む