お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

おこめの話 INDEX

  • 早場米「ハナエチゼン」の稲かり始まる

  • 2017年8月 7日

    続々と新米の情報が届いています。 徳島県の阿南市では早場米の稲刈りが始まりました。  青空の下に揺れる黄金の稲穂。阿南市見能林地区ではおよそ350戸の農家が「ハナエチゼン」や「コシヒカリ」などの早場米を栽培しています。  収穫されているのは、3月下旬に植えられた極早生の「ハナエチゼン」で、今年は天候にも恵まれ、美味しいお米に育っているということです。    「雨が降らんのと台風が来とらんの両方で →さらに読む

  • 業務用の米はどんなお米?

  • 2017年8月 4日

    コンビニの弁当やおにぎり、外食で使うコメのことを、ふつう「業務用米」と呼ぶ。とくに意識せずに取材でその言葉を使うと、担当バイヤーは流れを断ち切って次のように語った。  「個人的な意見ですが、業務用米って言葉嫌いなんですよね」 バイヤーは産地を訪ね、農家と取引について話し合う。そのことを通し、マーケットがどんなコメを必要としているかを伝え、産地でどんなことが起きているかを理解する。顔の見える関係を →さらに読む

  • 米の摂取頻度が高いほど、体重の変動は少ない

  • 2017年8月 3日

    糖質を制限するために、ごはんの量を気にする男性が増えているようにも見受けられるが、米の摂取頻度と体重にはどれくらい関連性があるのだろうか。JA全農が、以前、お米の摂取頻度が低い20~30代女性のお米摂取とダイエット・美容への意識を明らかにすることを目的に、全国の20~30代の美容に関心のある未婚女性600名を対象にアンケート調査を行なったところ、20~30代女性の半数以上の51.3%がお米を食べる →さらに読む

  • ダイエットに効果的!玄米のうれしい効果とおいしい食べ方

  • 2017年8月 2日

    白米よりも栄養が豊富で、健康的なイメージがある玄米。ダイエットにも効果的だと思っている女性も多いかもしれませんが、それは本当なのでしょうか。玄米に含まれる栄養素や身体に与える効果について、お話します。 ■玄米って何? 玄米とは、稲の「もみがら(外皮)」を除去しただけの、精米されていないお米のことです。玄米を精米して「ぬか」と「胚芽」を取り除き、「胚乳」だけにしたお米が白米なので、玄米には、ぬか、 →さらに読む

  • 【緑のさざ波】輪島の白米千枚田

  • 2017年7月29日

    石川県輪島市のから夏らしい緑のアートが届きました。一見緑色のさざ波のように見えなくもないですが、これは日本海を望む白米千枚田という棚田の風景です。 白米千枚田とは? 白米千枚田(しろよねせんまいだ)は石川県輪島市白米町にある棚田です。日本海に面して、小さな田が重なり海岸まで続く絶景は、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定され、奥能登を代表する観光スポットとして親しまれています。-白米千枚田HP →さらに読む

  • 早期米の稲刈り始まる

  • 2017年7月28日

    いよいよ29年産の新米のシーズンに本格的に突入します。 天草地方では県内のトップを切って早期米の稲刈りが始まっています。 天草地方ではおよそ2000ヘクタールに稲が作付けされていますが、そのうちのおよそ9割が台風の被害を避けるため夏場に収穫できる早期米が栽培されています。 普通の米に比べると2カ月ほど早いということです。 今年は雨が少なく梅雨前の夜の気温が低かった事で生育は多少遅れましたが、色、 →さらに読む

  • 虫が湧きやすい「米や豆類」。保存法は大丈夫?

  • 2017年7月26日

    お米や豆類の保存、どうしていますか? この2つ、実は"虫が湧きやすい"食材の筆頭格です。豆類の中ではスイーツ用にストックしておきがちなあずきが最も虫が湧きやすいという事実!梅雨があけてもまだまだ湿気の高いこの時期、正しく衛生的に保存する方法を伝授します。 ■ 【米・豆類はペットボトル保存】 米や豆類に湧く害虫は、すき間から入るのはもちろん、袋を食い破って侵入するため、購入時の袋のまま保存するのは →さらに読む

  • 7月23日は米騒動の日

  • 2017年7月24日

    米騒動と聞くと、思い出すのは平成5年の不作と東日本大震災の後の物流の混乱による米騒動ですが、日本で最初の米騒動は1918年(大正7年)におきたそうです。今では考えられませんが日本人にとってはお米はそれほど大事なものであるわけですね。詳しくはwikipediaを見てください。 米騒動の日 1918(大正7)年のこの日、富山県魚津の漁家の主婦たちが米の県外移出を阻止する集団行動を起こし、全国にまで広 →さらに読む

  • お米を食べても太らない?食べる順番に気をつけて健康に

  • 2017年7月22日

    ダイエットをするために、お米を食べないようにしているという人は少なくないはず。でも、お米を食べる順番が違うだけで肥満や血糖値の急上昇を防ぐことができます。ここでは、「和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなれる」著書のエリカ・アンギャルさんに、正しいお米の食べ方について教えていただきました。 エリカ・アンギャル 健康科学学士。ネイチャーケアカレッジ卒業(栄養学)。オーストラリアで医師とともに、ア →さらに読む

  • 1強・コシヒカリを脅かす全国新ブランド米戦争勃発!

  • 2017年7月20日

    今、ブランド米の戦国時代が到来している。そして、それは「コシヒカリ」1強時代の終焉なのかもしれない――。  コメといえば「コシヒカリ」だ。生産量・消費量がもっとも多く、全国生産量の約36%を占める。"コシヒカリの子ども"ともいえる「あきたこまち」「ヒノヒカリ」「ひとめぼれ」を含めると、生産量は全体の60%以上を占める。  しかし、"コメの王者"ともいえる「コシヒカリ」の地位が揺らいでいる。茨城県 →さらに読む