お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

お米ツウになろう!⑥

~お米の容量と重量は①~

皆さんがお店でお米を買うときは、1kgや5kgや10kgなどの重量単位で購入すると思います。

一方で、ご飯を炊こうとすると、1合、2合という単位が登場し、炊飯器の目盛は㏄やmlになります。つまり、お米をご飯にするまでに3つの単位が登場するわけです。

そこで、まず「合」から見てみましょう。「合」は容積の単位で、尺貫法(1966年に廃止)で用いられていた単位でした。

「合」の歴史は古くルーツは中国にあり、秦の始皇帝の時代まで遡ります。日本では701年に制定された大宝律令に記述されていて、10合=1升、10升=1斗、10斗=1石と定義されました。尺貫法の廃止と計量法により「合」は公式には使用できなくなりましたが、歴史的に長く使われてきたこともあり、現在でも日常的に用いられております。今でも1合徳利やお酒の一升瓶、灯油缶を一斗缶と呼んだりしてるのを聞いたことがあると思います。