お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

銀しゃりご飯と健康長寿!

銀しゃり.jpg人は成長するにつれて、体の要求にあった食事をするようになりますが、日本人の場合、その中心は常に米の飯、つまりご飯です。子供、成人、中年、老年になっても変化するのは副食であるおかずで、米のご飯は不動なのです。

喉が鳴るほど旨いご飯というのは、表面が白くてつやつやした光沢があり、心地よい噛み応えとかすかな甘味のご飯が一般的です。これが昔から言われている"銀しゃり"です。

ご飯の白い光沢は、主としてオリゴ糖で、ほのかな甘味の成分です。炊く前にしばらく水に漬けておくと米の炭水化物の一部がオリゴ糖に変化します。米を研いですぐに炊くとオリゴ糖の生成が上手く出来ないまま米を炊くことになり、甘味の成分も少なく味もまずくなります。米のオリゴ糖は、腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やして廊下を防ぎ免疫力を高めてくれます。

平均寿命よりも最近は健康寿命が重視される時代になりました。成人病予防には、食物繊維の効果が注目されていますが、このところ脚光を浴びているのが同じような働きをする「レジスタントスターチ」(難消化デンプン質)と呼ばれる消化されにくいデンプン質です。そして、この含有量の多いチャンピオンが何と粒のままたべるご飯なのです。

消化されにくい米のデンプン質は、食物繊維と同じように、便秘や肥満、動脈硬化、大腸ガンなどの予防に効果的に働くと言われています。

日本人の食事は、先進国の中でも炭水化物の比率が高く、脂肪の比率が少ないという理想的なパターンであり、世界一の長寿国の背景になっていると言われています。和食の膳は、必ず手前にご飯を置き、ご飯を中心に味噌汁、おかずという形で、あくまでもご飯が中心となります。ぜひ、もう一度和食の良さを見直しませんか。