お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

ごはんでお腹からやせる!?

ウォーキング.jpg日本人が昔から食べ親しんできたお米は、年々消費量が落ち込み、実際、1日にお米をまったく食べない人も増えています。

健康のバロメーターとして、数値より大切なのは元気さです。旧字体で書くと気は「氣」となり中心にはお米があります。つまり、日々のお米(食事)が元氣や活氣などを支えいることを表しています。

お米が敬遠される理由の一つが「カロリーが高くて太る」という考えです。確かに、カロリー過多は良くありません。でも実は、日本人の平均カロリー摂取量は年々減少しており、戦後より現在の方が少なくなっています。一方で肥満や生活習慣病の割合はどんどん増加しております。カロリーの大小よりも、カロリーの「内訳バランス」が重要になるのです。

「太る」と言う言葉にも落とし穴があります。減らしたいのは余分な脂肪で大切な筋肉や骨が減っているのに、体重だけ見て「わー!やせた!」と喜ぶのは本末転倒です。

意識したいのは体重よりもお腹周りのサイズ、目標にしたいのは脂肪がつまったポッコリお腹の解消です。

必要な栄養がきちんと体に摂りこまれ、老廃物を溜めない体にメカニズムがうまく機能していれば、内臓脂肪が減り、ポッコリお腹はペタンと凹みます。現代人は、カロリーを燃やす栄養素やいらないものを出す栄養素が大幅に不足しているので、カロリーを減らすことよりも、不足している栄養素をしっかり摂ることが先決です。

食べ物は口に入れて終わりでなく、きちんと消化吸収されてこそ体の役に立ちます。何を食べるかより、どう食べるかという「食べ方」でも消化吸収も大きく変わります。ごはん食は、体の機能をフル活用する素晴らしい食スタイルです。適度の運動しごはん食の素敵な食べ方で、健康元氣を目指しましょう。