お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

6月18日は「おにぎりの日」

おにぎりともみじ.jpg

日本のファストフードにしてソウルフードおにぎり。

さて、どうして今日が「おにぎりの日」なのかというと、それは「日本最古のおにぎりの化石」が出土した町がそう制定したからだ。化石って恐竜や植物だけじゃないの? 化石になるほど昔からあったなんて、しかもバッチリ三角形のおにぎりだなんて......日本人、おにぎり大好きすぎですね!

・日本最古の「おにぎりの化石」

おにぎりの化石が出土したのは、石川県の旧鹿西町(ろくせいまち)。現在の中能登町(なかのとまち)だ。1987年、同町にある杉谷チャノバタケ遺跡で日本最古のおにぎりの化石が出土! 何でも約2000年前の弥生時代のものなのだとか。

専門的には「ちまき状炭化米塊(たんかまいかい)」と言うらしいが、その山のような三角の形は "おにぎり" と表現するしかない。正確には名称のとおり、化石というより "炭化したもの" であるそう。それにしても、この頃から、コメをわざわざ三角形にしていたことにビックリです!

・三角は神の形

実はこの三角形にはちゃーんと意味があると言われています。三角形のことを「山型」と呼ぶこともあるように、おにぎりの三角も山を模したものだと言われています。

日本では昔から山は神格化されており、その神のチカラを宿したのが三角おにぎりだという説があるそう。三角形は神の形! つまり、おにぎりは神!! お手軽フードだと思っていたが、そんなスピリチュアルな存在だったとは思わなかったですよね!!

ちなみに、「日本おにぎり協会」によると、中能登町のおにぎりの化石は、そのままの形で出土したことから、お供え物であった可能性が高いそうです。