お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

低GI食品である玄米の正しい炊き方と美味しい食べ方

日本人の主食と言えば白米を思い浮かべる人が多いと思います。

ですが白米を精米する前の状態である玄米も、実は美味しい主食です。

なんだか食べずらそうだとか手間がかかりそうなイメージ持っていませんか?

今回は、玄米の正しい炊き方と美味しい食べ方について紹介します。

玄米は低GI食品で有名

低GI食品という言葉を聞いたことはありませんか?

玄米もその食品の中のひとつと言われています。

食品を摂取して後の血糖値の上昇が緩やかな食品のことを指します。

血糖値が急激に上がると眠気や、血糖値の波が大きくなると下がってしまった時にお腹が空いてしまい、間食してしまう可能性が高くなります。

体に良いはずの玄米には、毒素がある!

低GI食品であり栄養価も高いと言われている玄米。

しかし玄米自身に毒素があることをご存知ですか?

玄米は子孫を残すために、発芽を抑制するアブシジン酸という成分が含まれます。

実はこのアブシジン酸は人にとっては毒素と言われています。

玄米を摂取する時には、毒のない状態にする必要があります。

玄米の正しい炊き方の手順

玄米にはアブシジン酸と呼ばれる毒素があることが分かりましたね。

簡単な作業で毒のない状態にすることが可能です。

1つ目の方法が、玄米を洗ってあとに24時間以上水につけて置くことです。

発芽を抑制するために存在する、アブシジン酸は発芽するとなくなります。

2つ目の方法は、炊く前の玄米をフライパンなどで炒る方法です。

弱火で約20分ほど炒める必要があります。

水を入れて後に、大さじ1杯のお塩(天然の塩)を入れるのがオススメ。

ふっくらと美味しく炊き上がります。

どちらも玄米モードがある炊飯器であれば、簡単に炊くことができます。

玄米専用の炊飯器なども販売されていますね。

こだわりたい人は、土鍋などで炊くとより美味しく仕上がります。

※注意点

常温で水につけて置く場合は、水は時々変えてあげましょう。

雑菌の増殖を防ぐためです。

玄米の美味しい食べ方

・玄米おにぎり

シンプルに玄米をおにぎりとして食べるのがおすすめ。

にぎってしまえば、簡単に健康的なお弁当代わりにもなるのでおすすめです。

好みもあると思いますが、高菜や梅干しなどは特に相性がいいです。

歯ごたえもあるので食べ応えもあり満足感も得られます。

・玄米×カレー

玄米が食べなれない人でも食べやすい組み合わせだと思います。

意外と相性がいい玄米とカレーの組み合わせ。

おしゃれでヘルシー志向なカフェなどでも、見かける組み合わせです。

・玄米×味噌汁

定番の組み合わせですが、玄米が進みます。

野菜たっぷりの具沢山お味噌汁とともに玄米はいかがですか?

想像以上に美味しいです。

・玄米×こうじ

玄米に糀を組み合わせて、体にも嬉しいヘルシースイーツを作ることも可能。

玄米を使って甘こうじなども作ることができます。

砂糖などの甘さの代わりに、玄米こうじを使用するものいいですね。

・玄米×雑炊

玄米をネギとお味噌で味をまとめた雑炊。

玄米は雑炊にすると柔らかくなるので、消化がされやすくなりますね。

残った玄米の活用法にもおすすめ組み合わせです。

・玄米×ライスミルク

ライスミルクは玄米からできてるのをご存知ですか?

菜食主義の方やアレルギーの関係上、牛乳の代用品としても活躍しています。

玄米が自宅にあれば、自分で作ってしまうことも可能です。

液体状なので、食欲がない時などに取り入れやすいですね。

玄米は炊き方が分かれば難しくない

今回は玄米の正しい炊き方と美味しい食べ方について紹介しました。

玄米ってなんだか難しそうと敬遠していた人も、玄米に近づけたのでは?

玄米の種類や食べ方を自分なりに模索してみるのも楽しいですね。

気になった人は是非、自宅で試しに炊いてみて下さい。