お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

今年は「当たり年」! 新品種続々の「お米戦国時代」に食べるべきは...

今年のお米売り場は一味違う。各産地肝いりの新銘柄が続々本格デビューする「当たり年」なのだ。

過去50年間のブランド米勢力図(AERA 2018年11月19日号より)

まずはざっくりと、日本の米市場の変遷をおさらいしてみよう。その流れを俯瞰すると、今年の「戦国時代ぶり」が、いっそう興味深いものになる。

 もはやうまい米の代名詞となっているコシヒカリ。作付面積で約40年トップを守り続け、全国シェアは3割を占める。「魚沼産」のイメージが強く新潟県生まれと思われがちだが、登録上は福井県生まれ。新潟で交配された20品種を福井県農業試験場で選抜、選定を繰り返して品種確定したためだ。

 そんな絶対王者も、かつては「新米」だった。作付面積ランキングの上位5位に初めて顔を出したのが1962年。じわじわと勢力を拡大し、17年間かけて1位の座についた。

 それを猛追したのが宮城県生まれのササニシキ。67年にトップ5入りを果たし、以後長きにわたって、もっちりタイプのコシヒカリとさっぱりタイプのササニシキで人気を分け合うコシ・ササ2強時代を築いた。

 ところがササニシキは90年代に急失速する。きっかけは93年に日本列島を襲った大冷害だ。寒さに弱かったササニシキに代わって、94年にいきなりランキング2位に輝いたのが、同じ宮城県生まれのひとめぼれ。その後ろからは秋田県出身のあきたこまちが追い上げた。ブランド米第1世代とも言えるコシ・ササに続く、第2世代の登場だ。

 実は、ひとめぼれもあきたこまちも、コシヒカリの子孫にあたる。コシヒカリは各地の土壌や気候に合わせた「適地適作」のために他品種との交配や選抜が繰り返され、多くの新品種にその系統が受け継がれている。

 2000年代半ばを過ぎると、第2世代からさらに「粘り」「ふっくら感」「甘み」など味の面、温暖化に対応できる耐暑性などで改良を重ねた新世代の品種が登場する。中でも注目を集めたのが、10年に本格デビューした山形県のつや姫だ。

コシヒカリをしのぐとも言われるうまみとふっくらした食感が「姫」の名にふさわしい高級品種として人気に。生産者を特定しての有機・特別栽培の上、厳しい出荷基準を満たしたものしか出荷しないなどのこだわりの末、高品質米としての地位を確立した。

 つや姫に先立って09年に本格デビューしたのが北海道のゆめぴりかだ。それまで「米どころ」のイメージが薄かった北海道からのまさかのダークホース。テレビCMにマツコ・デラックスを起用して大ブレークした。全国の米どころのプロモーション担当者はおおいに刺激を受けた。

 その後もあらゆる切り口での品種開発はますます加速。インパクトのある名前と従来とは違う食味で新銘柄の乱世に躍り出たのが青森県の青天の霹靂(へきれき)だ。コシヒカリやその系統の米が持つ「ふっくらやわらか」「粘りと甘み」タイプの米が席巻してきた米市場に、異色とも言える「かみごたえ」「さっぱりした後味」をひっさげて登場。食べごたえ重視の若い世代を中心に人気を集め、市場に新たな方向性を与えることになった。

 昨年と今年は各県が力を入れる大型の新品種が続々とデビューし、まさに戦国時代の様相だ。つや姫などの成功が刺激になったことに加え、農林水産省の方針転換の影響もある。

 農水省は18年産から、行政による生産調整目標の都道府県別配分を廃止した。生産者が自らの経営判断や販売戦略に基づいて、需要に応じた米生産を進めることを重視する政策だ。方針が決まったのは13年。各都道府県は生き残りをかけ、他と差別化できる新品種の開発とPRに注力してきたのだ。