お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

東西「お雑煮」をたどる東海道五十三次

鈴鹿峠がボーダーライン?

お雑煮にはその土地の個性が強く出ますよね。もともとは直会(なおらい)から来ているとも言われる食べ物。直会とは神様にささげたお酒や食べ物をおろして、料理を作り食べる酒宴を意味します。

大みそかに神様に供えたもちや野菜などを元日に煮込んで食べるお雑煮は、大まかに言ってもちの形状と汁の味付けで大別され、特にもちに関しては、丸もちを使う西日本角もちを使う東日本の境界線が存在するとも言われています。では、その境界線はどのあたりにあるのでしょうか。

そこで今回は東京の日本橋から京都の三条大橋まで通じる東海道53の宿場町を目安に、どのあたりでお雑煮に大きな変化が生じているのか調べてみたいと思います。

東京のお雑煮は焼いた角もちとすまし汁が基本


東海道には53の宿場町があり、日本橋からスタートすると最初の宿場品川になります。全国のお雑煮の大きな分類をまとめると、もちと汁に大きな違いがあり、角もちと丸もちすまし汁とみそという文化圏に分かれています。関東や東北は角もちとすまし汁の組み合わせが基本。すまし汁とは、かつお節でだしを取り、しょうゆで味付けした透明な汁ですね。

小田原のお雑煮も角もちとすまし汁


東海道を進みましょう。品川を通過すると、宿場町は現在の神奈川県内にある川崎、神奈川、保土ヶ谷、戸塚、藤沢、平塚、大磯、小田原と続きます。上述の『全国から集めた伝統の味 お雑煮100選』には、神奈川県小田原市のお雑煮が紹介されており、焼いた角もち、かつお節でだしを取ったしょうゆのすまし汁となっています。

もちろん、もち以外の具材については地域によって変化がありますが。

熱田まで来てもお雑煮は角もちとすまし汁が基本


小田原から東海道を西に進みましょう。箱根や沼津を通過し、掛川、浜松、岡崎などを経て、熱田神社で有名な熱田宿(宮宿)、つまり現在の名古屋市熱田区まで一気に目を転じます。

上述の『全国から集めた伝統の味 お雑煮100選』には、愛知県名古屋市のお雑煮が掲載されています。名古屋まで来てももちの形は角もち、かつお節でだしを取ったしょうゆのすまし汁スタイルが基本の様子。掲載されたお雑煮写真の具材は小松菜でしたから、関東風と変わりがありませんよね。しかし、同じ角もちでも調理方法に、少し変化が生まれ始めています


関東風のお雑煮は角もちを焼いてからすまし汁に入れるのですが、静岡県や愛知県など東海エリアでは、同じ角もちでも焼かずに煮てすまし汁に入れるスタイルが主流(もちろん例外あり)のようです。

角もちは丸もちと違って、煮ると柔らかくなりすぎるという特徴があります。しかし、静岡や愛知まで来ると、関西の影響が強くなるからか、丸もちを煮てから入れる関西風の調理方法が、角もちで採用されているのですね。

鈴鹿峠が東西の境界線


東海道五十三次は名古屋市を出ると、桑名、四日市と現在の三重県に入ります。さらに三重県内で亀山、関と来て、鈴鹿国定公園にも指定される鈴鹿峠を越えると、滋賀県内の土山、水口に続きます。まさにこの鈴鹿峠が、お雑煮の東西を大きく分ける境界線になっていると考えられます。

『全国から集めた伝統の味 お雑煮100選』には全国お雑煮マップと称して、丸もちと角もちの分岐ラインが記されています。伊勢湾に面した三重県の四日市煮るスタイルですが角もちを使用し、さらにすまし汁の文化圏に入っています実際にTwitterで検索してみると、ねぎとろさんの奥さまのご実家(四日市)は、もちは手作りとのことですが、やはりすまし汁を使用されているようですね。

しかし、四日市から南西に50kmほどしか離れていない同じ三重県内の名張丸もち文化圏に属しています。同じく四日市から北西に50kmほどしか離れていない滋賀県の彦根も、丸もち、さらには白みその文化圏に入っています。実際にその違いは、TwitterやInstagramなどの各SNSを見てみると、容易に確認ができます。


そう考えると、三重県と滋賀県の県境になっている鈴鹿山脈、さらには鈴鹿山脈の南に縦走し、四日市と名張を隔てている布引山地お雑煮の東西を隔てる境界線になっていると判断できますね。

東海道は現代の国道1号線。その国道1号線で言えば、重要伝統的建造物群保存地区にも指定される美しい宿場町の関から出発して鈴鹿山脈を越えようという鈴鹿峠こそが、東西お雑煮のボーダーラインになっているのですね。

草津、大津、京都のお雑煮は丸もち、白みそ

東海道は鈴鹿峠を超えると、琵琶湖に近づくにつれて、土山、水口、石部と宿場町が続きます。さらに琵琶湖沿いの草津、大津を経て、終点の京都へ。『全国から集めた伝統の味 お雑煮100選』には、京都のお雑煮がいくつも掲載されていますが、どれも煮た丸もち白みその汁といった組み合わせになっています。

先ほどは滋賀県の彦根も、丸もちと白みその文化圏だと紹介しました。滋賀県からはもう完全に西の文化圏になっているのですね。


しかし、関西から九州の鹿児島にいたる西側のすべての地域が、丸もちと白みそのお雑煮を食べているかと言えば、違います。丸もちに関しては京都や大阪からどれだけ西に進んでも変わりませんが、白みそに関しては、兵庫を越えて岡山まで行くと、再びかつお節でだしを取ったしょうゆのすまし汁に戻ります。

『全国から集めた伝統の味 お雑煮100選』にも、岡山県倉敷市のお雑煮が紹介されており、煮た丸もち+すまし汁という組み合わせになっていました。

もちの形状は鈴鹿峠で東西が分かれ汁の味については関西と関西に近い四国の東部だけが白みそという分布図になっているようですね。


『全国から集めた伝統の味 お雑煮100選』によれば、福井の南部を中心に丸もち+赤みそという独特な文化圏があり、山陰にも小豆汁という独特な文化圏がありますが、これらは全国的に見ても例外的な存在。丸もちか角もち、白みそかすまし汁をそれぞれ組み合わせたバリエーションが基本として存在し、そのベースに土地の食材を加えると、ご当地のお雑煮ができあがるのです。

この冬、実家や地方に旅行へ出かける方は、その地のお雑煮を食べて集まった人たちと話をしてみると、より知識が深まり、面白いお雑煮の一面が見えてくるかもしれません。