お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

コメ輸出額、10年で10倍

18年最高 一段の拡大、中国がカギ

日本のコメ輸出(食料援助を除く)が過去最高を更新した。農林水産省によると、2018年は前年比17%増の1万3794トン、金額は18%増の37億円となった。ホタテ貝(476億円)や牛肉(247億円)に比べまだ少ないが、日本食の海外普及に伴う需要増を受け金額は10年で10倍になった。今後は世界最大のコメ消費国、中国への売り込みがカギを握る。

中国は新潟のコメ輸入を解禁した(横浜港での出荷前)

中国は新潟のコメ輸入を解禁した(横浜港での出荷前)

19年も複数の産地からコメ輸出は拡大しそうだ。JAみな穂(富山県入善町)は前年比18%増の1千トンにする計画。大手コメ卸の神明(神戸市)と組み、31カ国に輸出する。同JAは輸出米に取り組み始めた09年には21トンだったが、18年には40倍の850トンへ膨らんだ。「人口減少社会でも水田を活用して所得を確保するには、やや安くても輸出に力を入れる」(細田勝二組合長)

コメは17年まで約50年続いた減反政策により「いかに減らすか」が焦点だった。2000年代でも輸出は年間2千トンに満たない状況だったが、13年に政府が減反廃止の方針を決定。現在は輸出分を「新規需要米」と呼ぶようになり、輸出に取り組む産地は増えた。

日本の輸出先の6割は香港(中国本土を除く)とシンガポールだ。一方、日本の約20倍のコメ消費がある中国向けは18年が524トン。前年比76%増えたが、輸出量は6位で全体の4%にとどまる。コメは中国が認める施設からの輸入しか受けつけず、日本の港は横浜に限られていたためだ。

ただ、18年5月の日中首脳会談を受け、中国は新たに兵庫と北海道の精米施設も貿易拠点に認めた。JAみな穂は神戸港から輸出が可能となり、従来の横浜ルートより早く輸出できるという。18年10月には大手コメ卸の木徳神糧とホクレン農業協同組合連合会(札幌市)が初めて「ゆめぴりか」を北海道の港から上海に輸出した。

中国は昨年11月に「新潟米の輸入を許可する」とも発表した。11年の東日本大震災による原発事故を受け、中国は福島、宮城や関東の一部と新潟を含む1都10県からの食品輸入を停止してきた。今回は新潟のコメだけ(米菓や日本酒など加工品は除く)を解禁。全国農業協同組合連合会(JA全農)の神出元一理事長は「上海を皮切りに他の都市にも販売していきたい」と語る。19年以降は年間輸出量の増加が目立つようになりそうだ。

このほかにもモンゴル向けが336トンと66%増。スイス(49トン)やアラブ首長国連邦(37トン)向けも倍増するなど、輸出先は広がりつつある。

農水省はコメと加工品(米菓や日本酒をコメ使用量に換算)の輸出量を19年に10万トンにするとの目標を掲げる。18年の実績は3万1千トン。3倍のハードルは高いが、世界各地に市場を広げる取り組みは欠かせない。

日本経済新聞電子版より