お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

新ブランド米攻勢

新之助 1・3倍→2680ヘクタール 富富富 2・1倍→1100ヘクタール 作付面積拡大売り込み強化 高価格帯に照準

日本農業新聞

 「新之助」や「富富富」など、今年は各県が独自に開発した新ブランド米の生産拡大を進める。産地は良食味をアピールし、前年産を大きく上回る作付けを計画。狙うのは、家庭向け高価格販売だ。各産地とも売り込みを強め、販売競争が加熱しそうだ。(宗和知克)

 トップ産地、新潟県は2019年産でデビュー3年目となる「新之助」を前年産の3割増の2680ヘクタール、生産量は5割増の1万5000トンに高める計画だ。「需要に応じて着実に増やす」(県農業総務課)。首都圏など県外でも認知が進んできたとして、19年産はブランドの定着を狙っている。

 山形県は「雪若丸」を6割増の2704ヘクタールに拡大する。日本穀物検定協会の18年産米食味ランキングで初の「特A」を獲得し、弾みをつけた。

 石川県は「ひゃくまん穀」を9割増の1200ヘクタール(7000トン)と見込む。県産米の主力「コシヒカリ」より作期が2週間ほど遅く、経営規模を拡大する農家らが導入を進める見込みだ。

 富山県は「富富富」を2・1倍の1100ヘクタール(約5500トン)と計画する。前年産は倒伏や白未熟粒の発生が少なかったことで、現場の評価が高まった。2キロだけ展開していた販売用の精米袋は5、10キロも追加。玄米での流通にも対応し、店内で精米するこだわり米穀店にも売り込むなど、販売を多様化する。

 福井県は「コシヒカリ」の後継で期待される「いちほまれ」を3割増の800ヘクタール(4000トン)と見込む。18年産は県内や三大都市圏中心の販売だったが「全国に打って出る」(県福井米戦略課)。

 岩手県は、独特の硬さともっちり感が特長の「銀河のしずく」と、甘味が強くて冷めても硬くなりにくい「金色の風」の二枚看板の新品種に注力する。18年産でそれぞれ1420ヘクタール、227ヘクタールだった作付けを「ともに増やす」(県産米戦略室)。宮城県は「だて正夢」を600ヘクタールと倍増させる。

 産地が銘柄を米袋に表示して流通するのに必要な産地品種銘は、18年産で新たに52銘柄が設定され、計795銘柄に上る。10年前より5割増え、新品種の生産販売が活発化している。

 ただ、米消費は家庭向けで減少が続き、中・外食向けへのシフトが鮮明だ。産地は、値頃感が求められる業務用米の増産と並行し、高値販売が期待できる新ブランド米を売り込み「産地全体の底上げを期待する」(宮城県)姿勢だ。