お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

味も食感も多様化! お米マイスターのイチオシ銘柄は...

白米は新品種が続々とデビューし、玄米や雑穀は食べやすい商品がお目見え......と、お米の選択肢がどんどん広がっている今。毎日食べるものだから妥協せず、おいしさやヘルシーさなどのこだわりを叶えるご飯をしっかり吟味しましょう。

種類豊富な今こそ好みを吟味して。

ここ数年の間にお米の種類はどんどん増え、個性がぶつかり合う戦国時代に突入!

お米マイスターの感覚では

「白米はコシヒカリ人気の時代が続いていましたが、最近はさまざまな新品種が登場し、勢力図は少しずつ変化。しっかりめの歯ごたえ、もちもち食感など、消費者のニーズに合わせて味も食感も多様化しています」

いずれにしても、今やお米はおいしくて当たり前の時代。

「選択肢の幅が広がっているので、自分の好みに合うものを見つける絶好のチャンスです」

白米のおいしさを追求する人に。

話題の新品種から澁谷さんがおすすめをピックアップ。味わい、食感の好みに合わせてチェックしてみて。

【1:だて正夢(宮城県)】
とびきりのもっちもち感に注目。
「育成開始から12年を経て、昨年本格デビュー。絶妙な粘りが生むもちもち感と甘味の強さが特徴。冷めてもやわらかくお弁当に最適」。

【2:新之助(新潟県)】
おかずを引き立てるあっさり味。
「上品であっさりとした味わいのなかにも、旨味がギュッと凝縮されているのがこちら。おかずの味をぐっと引き立ててくれます」。

【3:雪若丸(山形県)】
粒感、弾力ともにしっかり。
「粒感がしっかりとしていて弾力もあり、食べ応え抜群の山形の新ブランド。もりもりご飯を食べたい人に、迷わずこれをおすすめします」

【4:いちほまれ(福井県)】
甘味、粘り、硬さが好バランス。
「コシヒカリを極めたようなお米。甘味、粘り、硬さのバランスの良さは、新品種のなかでも群を抜いていて食べやすい」。