お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

おにぎりはいつから三角形?

「日本最古のおにぎり」の形とは

日本人のソウルフード、おにぎり。大人も子供も世代も関係なく、誰もが慣れ親しんだお米の食べ方です。
なかに入れる具も千差万別、ユーモアに溢れたものもたくさんありますよね。近年では海外におにぎり専門の支店を出すところもあり、いまや世界で愛される「ライスボール」になっています。

みんな大好きなおにぎりですが、そもそもいつ頃から食べられるようになったのでしょうか?
実はそのルーツを紐解くものが、1987年に石川県の能登半島で発見されているのです。

能登半島の旧・鹿西町、弥生時代の遺跡である「杉谷チャノバタケ遺跡」から、おにぎりの化石が発見されています。現時点で、日本最古のおにぎりと言われているそうです。

面白いのは、おにぎりの化石の形が三角形だったこと。弥生時代の頃から日本のおにぎりの形状は三角だったのですね。
ただ、そのおにぎりはお供え物として使われた可能性もあるそうです。食べるために握られたわけではないかもしれませんが、それでも現在に残っている形と同じことがまず、すごいですよね。

服装も髪型も、お金の形も、私たちの生活と切り離せないものはほとんど、古代とは形が変わっています。
もちろん料理もそうですが、古代から現代までほぼ変わらないものが残っていると思うと、ロマンを感じますね。