お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

〝お手軽朝食〟習慣

太りにくいカラダ作りをサポートする

若年層ほど朝食抜きの人が多いという統計があり、実際、あなたの職場でも朝食抜きで出勤する人も多いのではないか。

朝は時間がない、とはいえ朝食を摂ることは、体を温め代謝を上げる作用があるほか、体内時計をリセットしリズムを整え、体を目覚めさせ臓器の働きやホルモン分泌などが適切に行われるようになる作用が期待できる。

また、朝食を取らなかった場合、前日の夕食から当日の昼食までエネルギーが入ってこない時間がかなり空くことになってしまう。食事と食事との時間が長く空いてしまうと人間の体は危機を感じ、次の食事の際に摂取したエネルギーを体に蓄積しようとする性質があるため、体脂肪になりやすいのだ。

では、どんなものを食べればよいのか。ダイエット情報発信サイト、microdiet.netに調査リポートが掲載されているので、その概要を紹介したい。

卵かけご飯 or 納豆ご飯 + 具だくさん味噌汁

ご飯、納豆、焼き魚、卵焼き、味噌汁、野菜の副菜、といった典型的な日本の朝食は栄養バランスがよいが、食欲や時間がない人にとってはなかなか難しい。

そこでおすすめなのが、卵かけご飯、または納豆ご飯と、具だくさん味噌汁の組み合わせ。生卵も納豆も調理不要なので、調理や片付けの手間もかからず、忙しい朝に最適だ。

卵はしっかり加熱した状態よりも生食のほうが消化によく、卵かけご飯にすることでサラサラと食べられるのため、食欲のない人も食べやすい。納豆も消化に良く朝食に適している。どちらもダイエットに必須の良質なタンパク質が含まれ、体内での利用効率も高いのが卵や納豆の優れたところ。

栄養面でも味の面でもお米との相性の良い味噌汁は、できれば野菜やきのこをたっぷり入れた具だくさんのものを用意するのが理想的だが、難しければインスタントでも良いので温かい汁物を付けたい。温かい汁物は体を温めてくれ、寝起きの体を活動モードに切り替えてくれるからだ。

フルーツ

フルーツにはカリウム、食物繊維、水分が豊富に含まれており、カリウムはむくみ解消、食物繊維と水分はそれぞれ単体だけよりも、一緒に摂取することで腸内環境を整える相乗効果が期待でき、便秘解消、美肌、ダイエットなどにも役立つ。

フルーツの種類により量の差はあれども、いずれもビタミン・ミネラル類、フィトケミカル(微量栄養素)、ポリフェノール、クエン酸なども含まれていますので、朝のビューティーチャージにはフルーツが適している。

ヨーグルト

食欲のない人でも食べやすいのがヨーグルトだ。乳酸菌たっぷりのヨーグルトは、食物繊維が豊富なフルーツを一緒に食べることで、腸内環境を整える効果が高まる。
ヨーグルト単体で食べる際は、砂糖、はちみつ、ジャムなど甘いものを加えて食べるのが日本では一般的ですが、オリーブオイルと塩で味付けして食べる「塩オリーブオイルヨーグルト」にして食べるのもおすすめ。

アボカドトースト

朝食はパン派という人におすすめしたいのが、アボカドトーストだ。アボカドトーストとは、トーストしたパンに、レモン汁、塩こしょうで味付けしたアボカドを荒くつぶすかスライスしたものを乗せたもの。

パンは小麦粉から作られているため米よりも消化が早く、その点では朝食として適しているが、消化吸収が早いということは血糖値が急上昇した後、急降下する。つまり、すぐにまた空腹を感じてしまいやすいだけでなく、体脂肪へと変わりやすい。

しかし、パン単品ではなく食物繊維が豊富なアボカドと一緒に食べることで、血糖値の急上昇を抑え、太りにくくすることができる。

食物繊維だけでなく、アボカドには良質な脂肪やカロテン(体内で必要量がビタミンAに変換)、ビタミンB群、C、E、カリウムなど、美容に有効な栄養素がたっぷり含まれている。