お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

コシヒカリと人気二分! かつてシェア2位の「ササニシキ」、なぜ見なくなった?

新米が店頭に並ぶ時季です。「コシヒカリ」「ひとめぼれ」「あきたこまち」など、さまざまな品種の米が並ぶ中、昔はよく見かけた品種を最近、すっかり見なくなりました。かつてコシヒカリと人気を二分し、全国2位のシェアを誇った「ササニシキ」です。なぜ見なくなったのでしょうか。

ササニシキ(古川農業試験場提供)

ハツニシキとササシグレの掛け合わせ

Q.ササニシキの誕生と、人気の米になった経緯を教えてください。

担当者「ササニシキは、古川農業試験場でハツニシキとササシグレを掛け合わせて1963年に生まれた品種です。普及したのは、当時、宮城県の主力品種だった『ササシグレ』より5%程度増収できたことや、いもち病に対する弱さが改善されたことなどが理由です。

優しく上品な味わいが好まれ、1970年ごろから『コシヒカリとササニシキはおいしい米』との評価が高まり、ササニシキブームが起きました。和食の風味を最大限に引き出す、さらりと口の中でほどける穏やかな味わいが特徴です」

Q.最盛期の作付面積とシェアを教えてください。

担当者「全国的には、1990年の作付割合11.3%(面積20万7438ヘクタール)がピークで、コシヒカリに次いで2位でした。宮城県内でも1990年がピークで、83%(8万1755ヘクタール)を占めました」

Q.最近の全国の作付割合でササニシキは上位20品種に入っていません。宮城県ではどうなのでしょうか。

担当者「2018年産の水稲の作付割合は、ひとめぼれ76%、つや姫7%、ササニシキ6%です。ササニシキは県北部や東部の作付が多いようです」

Q.なぜ激減したのですか。

担当者「ササニシキは1991年のいもち病多発や、1993年の冷害といもち病の多発などで作付が減少しました。一方で、1991年にデビューしたひとめぼれは、いもち病や冷害による被害が比較的少なかったため、作付割合が逆転しました。93年はササニシキ63%、ひとめぼれ24%だったのが、94年にはササニシキ39%、ひとめぼれ53%となりました。消費者に安定した収量・品質の米を届けられなかったことで、ササニシキの栽培は減少し、ひとめぼれが増加したのです。

粘りが強い食味の『コシヒカリタイプ』の米が好まれるようになったことも、ササニシキが減った理由です。ササニシキは、さらりとしてあっさりした食感が特徴ですが、1980年代後半以降、東北地方で栽培が始まった、あきたこまち、ひとめぼれ、はえぬきといった品種は、大部分が直接間接にコシヒカリの掛け合わせで生まれた品種で、全国的にも同様の傾向が見られました」

Q.一方で、すし店では今もササニシキの人気が高いと聞きます。その理由は。

担当者「先ほど述べたように、ササニシキはあっさりとした食感で、和食との相性が良いのが特徴です。特に、すし用に調整したすし飯での食味が評価されています」