お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

米ぬかの栄養素とは?

米ぬかの主な栄養成分

お米の構造

米ぬかとは?

米ぬかとは、籾殻を除いた玄米を白米に精米する時に削られる「胚芽・果皮・種皮・糊粉層」で構成されています。
これらを取り除くことによって精白米は様々なメリット(炊飯の手間や時間が減り、消化吸収の負担が減る)が生まれますが、昔からの人の知恵により、そのぬか層も無駄なく使われてきました。

米ぬかの主な栄養成分

米ぬかの栄養成分にはどのようなものがあるのでしょうか? 日本米穀小売商業組合連合会が発行している、お米や米ぬかについての情報が満載の小冊子「うき!うき!米ぬか生活」から見ていきましょう。

日本米穀小売商業組合連合会が発行している、お米や米ぬかについての情報が満載の小冊子「うき!うき!米ぬか生活」が置いてあるお米屋さんもあります。ぜひ探してみてくださいね!
うき!うき!米ぬか生活

主な栄養成分

たんぱく質:髪や爪・筋肉を構成するのに欠かせない成分。
炭水化物:体を動かすエネルギーの元です。
食物繊維:不水溶性の食物繊維が多く、便通改善や整腸効果などの効果があります。
リン:骨や歯などカルシウムを含むものに必要な成分です。
マグネシウム:マグネシウムもリンと同じく骨などを作っているミネラルです。
鉄:全身に酸素を運ぶ赤血球の主成分で貧血予防に役立ちます。
ビタミンB1:糖類をエネルギーに産生するために必要な成分です。
ナイアシン:糖質や脂質・たんぱく質からエネルギーを産生する補助をする成分です。不足すると粘膜や皮膚を正常に保てなくなります。

特徴的な栄養成分

フィチン酸:体内でフィチンがミネラルと分離してできる成分で、重金属類と一緒に体外へ排出さやすく、また、様々ながんを予防する効果が期待されています。
y-オリザノール:コレステロールを低下させるとともに、自律神経失調症や更年期障害、潰瘍などに効果があるとされ、治療薬としても使われています。
イノシトール:フィチン酸から作られ、脂肪肝や動脈硬化の予防、カルシウムの吸収促進、コレステロール血症の改善などに効果があります。
フェルラ酸:ポリフェノール類の一種で、抗酸化作用があり、大腸がん予防効果が期待されています。
植物コレステロール:コレステロールの吸収を抑え、血中の悪玉コレステロールの割合を下げる働きがあり、生活習慣病の予防や排尿障害の改善に効果が期待されています。

小林先生が実感した「米ぬかパワー」

実感した「米ぬかパワー」

「手がきれい」って良く言われますって方も
「苦労知らずの手」と言われることもありますが、毎日毎日、生ぬかを触っている影響だみたいです。

そう言えば、ぬか床を作っているお客様も手がきれいな方が多い印象です。
またこれはお客様の体験談になりますが、どこかで「認知症に米ぬかが良い」と聞いたお客様が、当店の「食べる炒りぬか」を継続してご購入されていまして、「認知症の進行が遅くなったように感じます」というお話を伺ったことがあります。
米ぬかには、まだまだ知られていない効果が秘められているかも知れませんね。