お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

銘柄800超 激化する「ブランド米」競争を勝ち抜くためには...

 国内では食用米の需要が減少し、政府による生産調整(減反)が廃止されたことでコメ市場の厳しさが増す。各地が品質や生産性を高めたブランド米で競争力をつけようとする中、国内の米の銘柄は800超にも上る。「近畿の米蔵」と呼ばれる滋賀県も、ブランド米「みずかがみ」の営業を強化、ブランドの浸透を図る。国内で激化するブランド米競争の一端が見えてきた。(大島直之)

滋賀県は「みずかがみ」で勝負

 「みずかがみは品質が安定し、おいしいと好評です」

滋賀県北部鈴鹿山系のふもとにある多賀町。同町で約20年前から減農薬・減肥料の生産に取り組み、今はみずかがみの栽培も行っている農業法人「多賀穂(たがすい)」代表の土田勇さんは胸を張る。同町では今年度、25ヘクタールでみずかがみを栽培した。

 みずかがみは農薬の使用量を減らすなど環境に配慮した栽培にこだわる品種で平成25年から販売を開始した。味はほどよい粘りとまろやかな甘みがあり、冷めてもおいしいと好評で、27~29年作分まで3年連続で日本穀物検定協会の食味ランキングで最上級の「特A」を獲得した。

mizukagami_leaf_b2.jpg

ただ、滋賀県農業技術振興センターの谷口部長は「みずかがみは今のところ順調にみえるが、安心ばかりはしていられない。市販されている米の味の差はわかりづらいもの」と指摘する。各地で激化するブランド米の競争を勝ち抜くためにも「品質の維持を含めて克服する課題はある」と気を引き締める。

 滋賀県は今秋から農薬・肥料を一切使わない「オーガニック米」の試験販売を開始した。新しく金色の専用米袋を作製し、滋賀の統一ブランド「オーガニック近江米」として「オーガニック みずかがみ」「オーガニック コシヒカリ」を売り出している。

 自ら店頭に立つトップセールスもいとわない三日月大造知事は「『オーガニックといえば滋賀県』になるよう、関係団体と一体となって取り組んでいきたい」と意気込み、近畿の米蔵の意地を見せている。

きっかけは琵琶湖

 滋賀県は平成13年度から農薬や化学肥料の使用量を通常の半分以下にしたり、泥水を流さないようにしたりするなど、琵琶湖や周辺の環境に優しい技術で栽培されたコメや茶、野菜などを「環境こだわり農産物」として認証している。「みずかがみ」もその一つだ。

認証制度を創設するきっかけとなったのが、琵琶湖の環境汚染。農薬や化学肥料に含まれる窒素やリンが琵琶湖に流入し、植物プランクトンの過剰な増殖で赤潮やアオコが大量発生。悪臭を放つなどの水質悪化が大きな問題となっていた。

 このため、県はお湯での種もみ消毒や草刈り機の使用などを通じ、農薬や化学肥料の使用量を通常の半分以下にするよう農家に要請した。農家にとって、減農薬・減肥料はコスト負担や収量が減るリスクを伴い、県も補助金支出でコストがかかる。それでも、「琵琶湖を守ろうという意識が自然と広がり、認証制度への理解も進んだ」(県食のブランド推進課)という。

 その後、同様の制度は国でも制度化され、他の都道府県に拡大。13年度に394ヘクタールだった滋賀県内の認証農産物の栽培面積は30年度には約39倍の1万5335ヘクタールに増え、環境農業先進県としての基盤を固めている。

 県食のブランド推進課の担当者は「ここ20年で環境に配慮した農法は県内農家に着実に浸透している。県としても安全・安心な滋賀産農産物を積極的にアピールしたい」と話している。