お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

最新研究で判明 今こそ白米を含む「和食」に注目すべき理由

糖質制限ブームに警鐘が鳴らされた

 近年は食事の際に米を抜く「糖質制限」や「減塩」こそが健康長寿に不可欠とされてきた。しかし、そんな定説を覆す研究結果がNHKスペシャルで紹介され、議論を呼んでいる。

「糖質こそが人間の活動で最も重要なエネルギー源です。それを制限することは、深刻な病気リスクの高まりを意味します」

 そう語ったのは、米シモンズ大学教授のテレサ・ファン博士。ハーバード公衆衛生大学院でも非常勤教授を務める彼女の研究は、11月24日に放送されたNHKスペシャル『食の起源 第1集「ご飯」』で紹介されて大きな反響を呼んだ。

 シモンズ大学が13万人の食生活と健康状態を20年以上追跡調査し、普段の食生活で糖質の摂取量が標準的な人(総カロリーの60%が糖質)と、とくに少ない人(総カロリーの35%が糖質)を比べると、後者の死亡率が1.3倍以上に高まった。

 そもそも、糖質制限には高血糖を招く原因となる糖質を減らすことで糖尿病を予防する効果が期待されてきた。しかし、このことにも疑問符が付き始めている。

 糖質制限ブームもあって2002~2014年の12年間で日本人の糖質摂取量は一日平均で15g減ったが、糖尿病患者はおよそ100万人増加した。この矛盾は、「糖尿病のパラドクス」と呼ばれる。

「実は白米抜きなどの糖質制限が、糖尿病の原因になる可能性があるんです」と指摘するのは、浜松医科大学名誉教授で内科医の高田明和氏だ。

「糖質制限で体内のブドウ糖が不足すると、『コルチゾール』というホルモンが分泌されて、筋肉を分解して糖を生み出す『糖新生』という反応が起こります。その際、コルチゾールはせっかく上がった血糖値を維持するために、血糖値を下げる働きをする『インスリン』の効きを悪くします。結果として血糖値を低くコントロールすることができず、糖尿病になる可能性があります」(高田医師)

 豪メルボルン大学の研究チームが2016年に科学雑誌『nature』オンライン版に発表した論文では、「低炭水化物食」(糖質制限食)を与えたマウスは、インスリンを生成する「β細胞」の機能が減少していた。

 長期の糖質制限が「脳」に与える影響も深刻だ。

「白米を食べないなどでブドウ糖が欠如すると、脳細胞に栄養を与えるグリア細胞が機能しなくなります。糖質制限を長く続けると脳機能が衰え、認知症を発症するリスクが増します。最近の高齢者の交通事故の増加とも関係があると危惧されています」(高田医師)

 都築准教授の研究でも、糖質制限食を与えたマウスは、一般的な食事のマウスより記憶力が半分程度に低下した。白米を食べ続けることは、健康寿命を延ばすこともつながるのである。都築准教授は、今こそ白米を含む「和食」に注目すべきと指摘する。

「たんぱく質、脂質、糖質という三大栄養素は人間が何千年も前から摂取してきたものであり、短期間でガラリと変えて糖質を摂らないようにすると、人体に影響が出て当然です。

 日本人が長寿である要因の一つは和食であり、中でも主食である白米は重要な栄養分。歴史的には、白米を美味しく食べるためのおかずを工夫することで和食や日本料理が発達し、糖質をうまく処理できるような腸内細菌が成長してきました。

 もちろん糖質の摂り過ぎは高血糖につながるので避ける必要がありますが、毎日の食事で白米と他の栄養素をバランスよく組み合わせることは、健康長寿に欠かせません」

 適度な糖質、すなわち「適糖」を心がけたいと言うことです。