お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

お米の世界は親戚だらけ!

コシヒカリとあきたこまちの知られざる関係性

日本人の大好きなお米。お米といえば「コシヒカリ」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、コシヒカリにまつわる面白い事実を東進ハイスクール地理科講師の村瀬哲史先生が教えてくださいました。

Q:コシヒカリとあきたこまちはどういう関係?

お米の世界は親戚だらけ!? コシヒカリとあきたこまちの知られざる関係性
出典: FASHION BOX

品種別の作付面積をみると、1位は「コシヒカリ」。1950年代にできた品種なので、かれこれ60年以上も食べられていることになります。病気に弱いという欠点がありましたが、栽培技術が向上したことで、多くの農家が栽培できるようになり、日本全国に広まっていきました。

お米の世界は親戚だらけ!? コシヒカリとあきたこまちの知られざる関係性
出典: FASHION BOX

コシヒカリの名前は「越(こし)の国(北陸地方のこと)」が光り輝くように、と願って名付けられたものですが、越の国どころか、日本中で光り輝いています。

【オススメ記事】
野菜で体をぬくぬくに! 冷えを解消する優秀な食材とは?
しょうが味噌の食べ方は無限大! アレンジ自在で冷え知らず!

A:親子の関係のようなものです

お米の世界は親戚だらけ!? コシヒカリとあきたこまちの知られざる関係性
出典: FASHION BOX

日本の米で品種別作付面積1位の「コシヒカリ」は、1950年代に開発された品種ですが、当初はおいしいけど、ほかの品種の稲に比べて丈が長くて倒れやすく、病気にも弱いとされていました。しかし、栽培技術が発達したことでこれらの欠点が改善されていき、だんだん日本全国でつくられるようになっていったのです。

そしてじつは、品種別作付面積2位の「ひとめぼれ」、3位の「ヒノヒカリ」、4位の「あきたこまち」これらはすべて、コシヒカリから生まれた子どもにあたる品種だということは知っていましたか? じつはそうなんですよ。1位のコシヒカリと2位から4位までのコシヒカリの子どもたちだけで、日本の米の作付面積の6割近くを占めるわけですから、コシヒカリってものすごい米ですね。