お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

「冷凍おにぎり」のコツをマスターするとこんなに便利!

おにぎり.jpg お米文化の日本では、おにぎりはソウルフードです。サンドイッチなどパン派の方が増えてはきましたが、お弁当での根強い人気はやはり、おにぎり派! コンビニおにぎりの種類をみれば、定番度合いが分かりますよね。今回は、いざという時にとっても便利な冷凍おにぎりと具の作り方をご紹介します。

冷凍おにぎりが美味しい理由
冷蔵庫で保存したご飯より、冷凍庫で保存しておいたご飯を解凍したほうが、断然おいしいってご存じですか?

これは、温度帯にヒントがあるんです。通常、米のでんぷんは水と加熱することによって糊化(のり状)されて柔らかい炊き立てのご飯になります。これを放置しておくと、今度は離水が起こって硬い冷や飯に。この冷たいご飯の状態を老化(β-化)と呼び、老化しやすい温度帯は0~5℃付近といわれています。
JIS規格で定められている冷蔵庫内の温度は、0~10℃のライン。つまり、冷蔵庫は老化が起こりやすい温度帯だったのです!

反面、米の老化を防ぐのに適した温度帯は60℃以上、または、冷凍が最適とか。冷凍庫保存したご飯と同様に、おにぎりも同じ。冷蔵庫より、冷凍庫保存したほうが美味しさをキープできるのは化学的に実証済みなのです。

おにぎりを冷凍すればお弁当作りも時短に
冷凍おにぎり.jpg 冷凍おにぎりは、もちろんお弁当にも最適です。ただ、冷凍法が肝心!

冷凍したおにぎりは、自然解凍では前出の老化(β-化)のまんま。解凍後も硬くてボソボソした食感は変わりません。そのため、一度温める必要があります。この場合の温め方は、電子レンジが手軽。解凍モードではなく、あたためモードで解凍しましょう。

基準は、600Wで1分程度。様子を見ながら硬いようなら加熱時間を増やせばオッケーです。冷凍おにぎりは、中に具を入れたものでもよいですし、炊込みご飯の余りをおにぎりにして冷凍しておくのも便利です。

おにぎりは握り方に注意!
ここで、お弁当に入れる冷凍おにぎりの注意点があります。夏場だけでなく季節を問わず注意したいのは食中毒の防止です。これは、冷凍おにぎりに限ったことではなく、すぐ食べる時にも気をつけてほしい注意事項です。

ヒトの常在菌で「ブドウ球菌」という細菌がいます。その種類の中でも「黄色ブドウ球菌」というのがいて、これが食中毒の原因に。例えば、手に包丁などの傷がある場合は、ほぼ黄色ブドウ球菌が発生していると思って間違いありません。イメージしてみてください。その手でおにぎりを握った場合は、ブドウ球菌をおにぎりにつけているということに...。
手に傷がない場合でもラップや手袋をして、素手でおにぎりを握らないほうがいい理由です。自分の握ったおにぎりでお子さんを食中毒にさせたら大変です。

ちなみに、この黄色ブドウ球菌は加熱に強いのが特徴です。100℃で30分加熱しても死滅しない菌と言われているほど。怖いですよね。一度、毒素が発生してしまったら、「焼きおにぎりにしたら大丈夫」という楽観視はできないわけです。ここは菌を繁殖させないためにも、決して"素手では握らない"ということを念頭におきましょう。
おにぎりの冷凍保存のやり方
では、正しいおにぎりの冷凍方法についてご紹介します。

基本は、ラップの上または、使い捨ての手袋を使用して握りましょう(前出のルール参照)。具を中に入れたら、好みの型に握り、できれば新しいラップを巻いてから、冷凍用保存袋に入れると冷凍焼けを防いでくれます。

冷凍おにぎりに向いている具材
冷凍おにぎりは、ゴマ塩やふりかけをまぶしただけのシンプルなものから、中に好きな具を入れたもの、たとえば定番の塩鮭、塩昆布、また余ったおかず(ひじき煮やきんぴらなど)を混ぜただけのおにぎりなど、何でもオッケーです。
おにぎり具材.jpg 冷凍おにぎりに向かないNGな具材
ここでNG食材は、油分の多い具材。(例えば、人気のツナマヨなどは、お米が油っぽくなって美味しくありません)。

また、最近人気の大葉を巻いたおにぎりも、大葉の色が変色してしまうため避けたほうがよさそうです。
コンビニおにぎりの冷凍方法
コンビニおにぎり冷凍.jpg コンビニのおにぎりを冷凍したことはありますか? 実は、コンビニおにぎりも冷凍保存が可能です。

コンビニのおにぎりを冷凍する方法は、2つ!
1)冷凍おにぎりは、解凍時にあたためるのが基本ルールなので、海苔は巻いていないタイプを選ぶこと。
2)具は、冷凍しても美味しさに変化が出にくいものを選ぶことです。

ここでは、塩昆布入りのおにぎりを冷凍してみました。解凍する時は、海苔をはずしてラップをし、電子レンジの「あたためモード」で加熱しましょう。海苔は後から巻けば、パリパリ感も味わえます。
例えば、賞味期限ギリギリのおにぎりは、冷凍してしまえば少し日持ちが長くなりますよね。ひと工夫で食品ロスも減らせるかも!

冷凍おにぎりの保存期間
冷凍おにぎりの保存期間は、1か月程度。冷凍の具も同様に1か月程度を目途に食べ切りましょう。