お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

「納豆ごはん」にベストなお米

納豆.jpg ご存知のように納豆のサイズには一般的に「極小粒」「小粒」「中粒」「大粒」があります。同じメーカーの納豆の各サイズと5品種のお米の炊飯後の状態をデジタルノギス(測定器具)で測ってみると、ほとんどのお米の長さが「極小粒」と「小粒」と同程度。
ちなみに、納豆の極小粒と小粒とでは差が少ないどころか、個体によっては大きさが逆転しているものもありました。しかし、食べた感覚ではやはり極小粒のほうが小さく感じます。幅のサイズは極小粒のほうが小さいこともありますが、極小粒のほうが小さい個体の割合が多いのかもしれません。多くのお米にサイズが近いせいか「極小粒」と「小粒」は万能サイズだと感じました。

ただし、納豆との相性で重要なのは、ごはんの「粒感」です。ごはんの硬軟にも左右されますが、いかにごはんの粒立ちが良いかが大前提だと思っています。お米の粒立ちの強弱は、品種特性だけでなく、栽培や炊飯方法によっても変わります。そのため、同じ品種でも納豆に合うお米もあれば、合わないお米もあると感じます。
たとえば、もちもちとやわらかい低アミロース米の「ミルキークイーン」は、やわらかすぎて納豆とのバランスはいまひとつ。しかし、同じ「ミルキークイーン」でも、粒感があって口の中でほろほろほどけるものならば極小粒や小粒と合わないこともありません。

ただし、納豆をそのままごはんにのせるだけでは相性はいまひとつ。こうした品種に合わせるときは、納豆をいつもより余計に混ぜて糸が泡状に"もわもわ"してから食べると、「ミルキークイーン」の"もわもわ"とした食感と合うように感じています。
納豆2.jpg 同様に「いのちの壱」も粘りが強くやわらかい品種のため、納豆の糸が泡状になるまで混ぜることをおすすめします。「いのちの壱」は一般的なお米に比べて大粒なので、小粒や中粒の納豆に合うかと思いましたが、意外にも極小粒に合いました。

その理由は、納豆は粒が小さいほど粘りが出やすく、粒が大きいほど粘りが出づらくなるからです。つまり、「いのちの壱」のやわらかさと極小粒の粘りが融合するのです。米粒のサイズと納豆のサイズが近ければ必ずしも合うわけではないのだと学びました。

個人的には粘りが少なく粒立ちの良いしゃっきりとした食感のお米と、ほどほどに混ぜた極小粒を合わせるのが好みです。最近では、「雪若丸」「ササニシキ」などが合うと思います。ごはんの米粒と米粒の間に納豆がバランスよくまぶさってサラサラと軽い食べ心地です。朝食時、目覚めたばかりの胃にもするりとおさまります。小粒でも合いますが、極小粒のほうがより合うように感じています。

中粒・大粒でも楽しめる!
納豆とお米の相性は、納豆のサイズや粘りだけでなく、食感によっても変わります。
今回食べ比べた納豆の中粒は他のサイズに比べて軟らかい食感で、箸で簡単に切れるほどでした。すると、米粒よりも大きいサイズであるにもかかわらず、ごはんの軟らかさによくなじんだのです。中粒はお米に合わせるには悪く言えば中途半端なサイズだと感じているので、もしかしたらごはんに合わせてあえて軟らかくしているのかも...と思ってしまうほどの絶妙さでした。

一方で、大粒は中粒よりも硬めで、極小粒・小粒と同程度の軟らかさ。お米よりもサイズは断然大きいですが、大粒がごはんに合わないわけではありません。

極小粒〜中粒で食べるごはんは「納豆ごはん」で、大粒で食べるごはんは「納豆丼」だと思って食べると、大粒もごはんと合うのです。先ほども書いたように、納豆は大粒になるほど混ぜても粘りが出づらくなっていきますので、大粒を食べる場合はごはんにまぶして一緒に食べるのではなく、たとえばカツを食べてごはんを食べるカツ丼のように、納豆をおかずにごはんを食べる感覚で楽しむのがおすすめです。