お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

おこめの話 INDEX

  • 19年産米 品種別作付け コシ41年首位も減少

  • 2020年4月23日

    水稲品種の作付けで「コシヒカリ」が減少傾向だ。米穀機構がまとめた2019年産米の品種別の作付け動向によると、「コシヒカリ」の割合は33・9%。トップが続いているが、過去10年では最も低い。主力銘柄で構成する上位10品種が占める割合も低下している。一方、高温耐性品種など品種の多様化が進んでいる。  米穀機構が、東京を除く46道府県からの聞き取りを基に推計し、品種ごとの作付け割合をまとめた。10年産 →さらに読む

  • 米を食べる機会は増えているのか減っているのか(2020年公開版)

  • 2020年4月14日

    日本人が「主食は?」と聞かれれば多くの人が答えるであろう米。だがその米の消費量は減少中で、パンやめん類など多彩な食材に主食需要が分散しつつあると言われている。食生活の多様化の観点ではよい傾向ではあるが、米の生産に携わる人、そして米が好きな人には気になる話に違いない。今回はJC総研が2020年3月に発表した農畜産物の消費行動に関する調査(※)の結果報告書から、米を中心にこの数年間にわたる主食の消費性 →さらに読む

  • 美味しいご飯の炊き方!炊飯器に「氷」を入れて

  • 2020年4月12日

    美味しいご飯の炊き方! 氷を乗せて炊飯器で炊くレシピ 米の吸水は夏場は30分、冬場は1時間が良いとされていますので、中を取って40分前にとぐと覚えておきましょう。米の吸水は、米の周囲に付着した水分だけでじゅうぶんなので、といだらザルに上げておきます。煮立つまでの時間が長い方がおいしく炊けるので、氷を1~2コのせて温度を下げてスイッチを入れます。 材料(4人分) 米:3合水:3合の線まで氷:2コ 作 →さらに読む

  • 米とパンと麺類...世帯単位での主食3品目の購入性向の推移をさぐる(2020年公開版)

  • 2020年3月28日

    日本での主食は米(ご飯)だが、昨今では食生活の多様化でパンや麺類を主食として好んで食べる人も増えている。主食を代表する米、パン、麺類の購入性向の推移を、総務省統計局による家計調査の結果(年次分は2019年分が最新)から確認する。 最初のグラフは家計調査の結果におけるデータのうち総世帯(全部の世帯)の最新値(2019年分)から、米、パン、麺類を選択、該当項目の値を抽出したもの。総世帯では購入世帯数の →さらに読む

  • 昔のコメ品種 復権めざす

  • 2020年3月25日

    かつて普及していたコメの品種を増産する動きが相次いでいる。ササニシキの後継品種や「日本晴(にっぽんばれ)」などで、粘り気のないあっさりした味わいが特徴。味わいがもっちりしたコシヒカリやひとめぼれといった主流のコメに対抗する動きだ。食の多様化と外食産業向け需要増を背景に人気が高まっている。 画像の拡大 すし屋など業務用の出荷が多い(JA越前たけふの日本晴) 画像の拡大 1970年代に全国で最多の作 →さらに読む

  • 血糖値の急上昇を防ぐ方法

  • 2020年3月21日

    一時のようなブームは沈静化したようにも見えるが、それでも今も多くの人が取り組んでいると思われる「糖質制限ダイエット」。 「炭水化物抜きダイエット」とも呼ばれるこのダイエットは、主食である米やパン、麺類など糖質の多い食品をできる限り食べないようにするという、非常にシンプルなダイエット法だ。 このシンプルさこそ、糖質制限ダイエットが急速に拡散した理由だと想像されるが、ただ、糖質制限はやめた途端にリバ →さらに読む

  • ご飯の正しい位置は汁椀の右? それとも左?

  • 2020年3月16日

    朝ごはんを食卓に並べる際、あれ... お味噌汁ってどっちに置くのが正しかった? と思うことが1度はあるはず。そんなお茶碗の作法を、マナーに詳しい鶴田初芽がお届けします。 ご飯とお味噌汁、どちらが左? ご飯とお味噌汁、正しい位置に配膳出来ますか? いざ聞かれると、どっちだったかな? と記憶が曖昧だったりしないでしょうか。 ご飯の配置にも理由があるので、早速確認してみましょう。 ◆ご飯(お茶碗)は、 →さらに読む

  • 新ブランド米、苦戦浮き彫り デビューから値下がり

  • 2020年3月 7日

    乱立するブランド米の優勝劣敗が鮮明になってきた。新ブランド米のデビュー時からの小売価格の推移を追跡してみたところ、「いちほまれ」(福井)など多くの銘柄で1割前後値下がりしていた。一方、「青天の霹靂(へきれき)」(青森)は健闘しているが値上がりは小幅だ。ブランド米競争は多くが惨敗と、限界感も見せ始めている。 値下がりは8銘柄中4銘柄 在庫を処分しようと特売にかけられるブランド米も多い(東京・世田谷の →さらに読む

  • 業務用の契約栽培米 調達を拡大

  • 2020年3月 4日

    外食などで使う業務用米を農家との契約栽培で調達する動きが広がっている。全国農業協同組合連合会(JA全農)が2020年産で19年産より9割増やし、コメ卸も拡大する。収穫前に取り決めることでコメの安定調達につなげる。業務用米はコメ産地がブランド米などの生産を増やしたあおりで不足している。業務用米の値上がりが抑えられる可能性もある。 画像の拡大 「あきだわら」などの銘柄が業務用米になる(2019年産、 →さらに読む

  • カンブリア宮殿で【夢ごこち】紹介されました

  • 2020年2月28日

     →さらに読む