お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

おこめの話 INDEX

  • カンブリア宮殿で【夢ごこち】紹介されました

  • 2020年2月28日

     →さらに読む

  • コメの「食味ランキング」54銘柄が最高の特Aに

  • 2020年2月26日

    去年、生産されたコメの味などを審査する「食味ランキング」の結果が公表され、全体の3分の1にあたる54の銘柄が最高の「特A」の評価を受けました。 コメの食味ランキングは農産物などの品質や安全性を評価している日本穀物検定協会が毎年、生産されたコメの味や香りなどを審査して5段階で評価しています。去年、生産された全国155銘柄のコメの評価が26日、公表され、全体のおよそ3分の1にあたる54銘柄が最高の特A →さらに読む

  • 子宮頸がんも予防できる「免疫力UP」の方法とは?【医師監修】

  • 2020年2月26日

    婦人科系の悩みをテーマとした不妊治療の名医・杉山力一医師によるカラダの不調解決コラム。今回は、免疫力の高め方について! 食べたほうがいいものから、おすすめ生活習慣まで詳しく解説します。 今こそ知りたい「免疫力」の高め方を解説! インフルエンザや風邪が猛威を振るう昨今、感染を防ぐためのマスクやうがい手洗いなどの予防が大切です。しかし、どれだけ外側を予防しても、身体が弱っていてはウィルスを撃退できま →さらに読む

  • 20年産米、40道府県が減産

  • 2020年2月18日

    価格維持重視、増産わずか3県 2020年産米は産地が生産量を抑える姿勢が鮮明になっている。19年に比べ作付面積を減らすのは新潟や北海道など40道府県に達しそうだ。増やすのは千葉や神奈川など3県で、減反(生産調整)が廃止になった18年以降で最も少ない。値下がりを防ぐ取り組みはかえってコメ離れを招くとの指摘も根強い。 画像の拡大 山形産の高級ブランド米は増産になりそうだ(都内の小売店) 画像の拡大 減 →さらに読む

  • お米は研がずに手早く「洗う」

  • 2020年2月15日

    これでご飯がもっと美味しくなる|絶対に失敗しない料理のコツ おいしさの科学 だしのとり方、米の炊き方、肉の焼き方、野菜の茹で方......知っているようで知らない、料理の基本。女子栄養大学名誉教授、松本仲子先生の『絶対に失敗しない料理のコツ おいしさの科学』は、そんな料理の基本をイチから教えてくれる、心強い一冊です。いつもの料理がもっと簡単に、間違いなくおいしくなること間違いなしの本書から、調理の →さらに読む

  • 透き通るまでお米をといでOK? 好みのお米の味がわかるチャート付き!

  • 2020年2月14日

    お米を美味しく食べるには、ちょっとしたコツが必要です。お米のとぎ方や炊き方、お米の好みがわかるチャートもお届けします。 お米を美味しく食べるポイント! 毎日なにかは食べるものだから、ごはんもおいしく炊きたいですよね。今回はお米をおいしく食べるためのポイントをお届けします。 ◆精米年月日をチェック 実は、お米は、果物や野菜と同じく農産物であるため、賞味期限の記載はないんです。そのかわりお米には「精 →さらに読む

  • 最新研究で判明 今こそ白米を含む「和食」に注目すべき理由

  • 2020年2月12日

    近年は食事の際に米を抜く「糖質制限」や「減塩」こそが健康長寿に不可欠とされてきた。しかし、そんな定説を覆す研究結果がNHKスペシャルで紹介され、議論を呼んでいる。 「糖質こそが人間の活動で最も重要なエネルギー源です。それを制限することは、深刻な病気リスクの高まりを意味します」  そう語ったのは、米シモンズ大学教授のテレサ・ファン博士。ハーバード公衆衛生大学院でも非常勤教授を務める彼女の研究は、1 →さらに読む

  • コメが余っているのにコンビニやフードチェーンは不足で悲鳴?

  • 2020年2月11日

    業界の矛盾の実態と農家の生き残り戦略 日本人のコメ離れが言われて久しいが、実はそのコメが不足しているーー。今、そんな矛盾するような異変が起きている。近年、全国各地で新たなブランド米が相次いで誕生するなど、活気づいているように見えるコメ業界。どうやら、実態はそうでもないらしい。口にする量が減ったとはいえ、多くの日本人にとって主食のコメの世界で、一体何が起きているのだろうか。 写真AC コメ需要は毎年 →さらに読む

  • 少雪でコメ先物強含み 水不足で作柄に影響警戒

  • 2020年2月 6日

    夏に高温なら品質悪化も 記録的な雪不足が2020年産米の作柄に影響するとの懸念が、国内のコメ先物市場にじわりと表れ始めた。気温の上昇や雪不足が作柄に悪影響を及ぼしかねないとの観測から、先物価格が強含んでいる。 画像の拡大 雪不足はコメどころも例外ではない(新潟市内) 画像の拡大 「長く暮らしていてこんなに雪が降らない冬は初めて。春以降の生育期に水不足にならないか気がかりだ」。コメ生産者、新潟農園( →さらに読む

  • お米の世界は親戚だらけ!

  • 2020年2月 3日

    コシヒカリとあきたこまちの知られざる関係性 日本人の大好きなお米。お米といえば「コシヒカリ」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、コシヒカリにまつわる面白い事実を東進ハイスクール地理科講師の村瀬哲史先生が教えてくださいました。 Q:コシヒカリとあきたこまちはどういう関係? 出典: FASHION BOX 品種別の作付面積をみると、1位は「コシヒカリ」。1950年代にできた品種なので、かれこれ60 →さらに読む