お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

おこめの話 INDEX

  • おにぎりはいつから三角形?

  • 2019年4月15日

    「日本最古のおにぎり」の形とは 日本人のソウルフード、おにぎり。大人も子供も世代も関係なく、誰もが慣れ親しんだお米の食べ方です。なかに入れる具も千差万別、ユーモアに溢れたものもたくさんありますよね。近年では海外におにぎり専門の支店を出すところもあり、いまや世界で愛される「ライスボール」になっています。 みんな大好きなおにぎりですが、そもそもいつ頃から食べられるようになったのでしょうか?実はそのルー →さらに読む

  • 「お米食べる派」が9割。朝だけ食べる、白米ではなく玄米なども人気

  • 2019年4月11日

    炭水化物抜きダイエットや糖質制限の流行で、「白米は食べない」という方も多いのではないでしょうか? MELOSでは先月、読者のみなさんがどのくらいお米類を食べているのか、アンケート調査を実施しましたが、今回、その集計結果がまとまりましたので、ご紹介します。 お米類、ほぼみんな食べている  まず、今回いただいた回答数はちょうど115。性別は男性が51.0%、女性が48.0%(無回答が1.0%)。 →さらに読む

  • しっかりと朝ごはんを摂って、毎日を晴れやかに

  • 2019年4月 8日

    いよいよ始まった新年度。これからまた新たな生活が始まる人、気分一新で迎える人も多いのでは。ところで、朝ごはんは毎日しっかりと摂れているでしょうか?なかなか忙しくて時間が取れなかったり、ダイエットを理由に朝ごはんを抜いてしまうこともあるかもしれません。しかし、1日の始まりにきちんと朝ごはんを食べておくべき理由があります。今回は手軽に作ることができて、栄養もしっかりと摂れる、日本人のソウルフードともい →さらに読む

  • 魚沼産コシヒカリ「特A」復帰 つかの間の安堵、競争激化

  • 2019年4月 2日

    日本穀物検定協会による2018年産のコメの食味ランキングで、新潟県の魚沼産コシヒカリが2年ぶりに最高位の特Aに返り咲いた。抜群のブランド力があるだけに地元関係者は胸をなで下ろすが、前回に初めてランクを落とした原因ははっきりしていない。特A復帰は「根本的な解決にはならない」との指摘もあり、たゆまぬ品質の向上が求められている。 画像の拡大 対策検討会議には県や農協、生産者らが集まり、コシヒカリの品質 →さらに読む

  • 炊飯器も土鍋もなくてOK! 緊急時役立つ「フライパンご飯」

  • 2019年4月 1日

    フライパンで炊いたご飯 みなさんお米はなにを使って炊いていますか――? この質問には、多くの人が「炊飯器」と答えると思います。 このほか「土鍋」を使って炊くという方法もよく知られていますが、ほとんどの家庭にある調理器具「フライパン」で炊くという方法もあります。知っておくと、いざというときに役立つかもしれません。 所要時間は約50分 参考にしたのは、日本赤十字社のサイト「Sonaeru Gohan →さらに読む

  • 白米を食べてもやせる2つのポイント

  • 2019年3月30日

    炭水化物である白いご飯には、糖質以外にも実はたくさんの栄養素が含まれていることをご存知でしょうか。ダイエット中は、ご飯を制限する方も多いかもしれませんが、適量を守れば、効率良く体重を減らせるとも言われています。そこで今回は、ご飯を食べてもやせるダイエット方法をご紹介します。 ご飯を食べないと太る? 最近では「糖質制限ダイエット」が注目を集め、極端に炭水化物を抜いてしまう方も少なくはありません。しか →さらに読む

  • ダイエットの味方!「十六穀米」のダイエットパワーとは?

  • 2019年3月27日

    健康・美容志向の高い方の間では、既に主流となりつつある「十六穀米」。普段食べている白米を十六穀米に変えてみるだけで、カロリーを抑えながらも栄養バランスはアップ。さらに腹持ちを向上させ、便秘解消効果も期待できるとして注目されているそうです。今回はそんな十六穀米の魅力をご紹介します。 ダイエットに成功するポイントはコレ! ダイエットでまず気になるのが、食事ではないでしょうか。白米やパンなどの主食には糖 →さらに読む

  • 味も食感も多様化! お米マイスターのイチオシ銘柄は...

  • 2019年3月22日

    白米は新品種が続々とデビューし、玄米や雑穀は食べやすい商品がお目見え......と、お米の選択肢がどんどん広がっている今。毎日食べるものだから妥協せず、おいしさやヘルシーさなどのこだわりを叶えるご飯をしっかり吟味しましょう。 種類豊富な今こそ好みを吟味して。 ここ数年の間にお米の種類はどんどん増え、個性がぶつかり合う戦国時代に突入! お米マイスターの感覚では 「白米はコシヒカリ人気の時代が続いてい →さらに読む

  • 毎日の朝食を"もち麦ごはん"にするだけで、太りにくい体になれる

  • 2019年3月21日

    「もち麦」といえば、水溶性の食物繊維をたっぷり含むだけでなく、血糖値の上昇と糖の吸収を抑えると言われ、ダイエットの味方、また健康な腸活の救世主として人気急上昇中の食品です。もっちりとプチプチした食感と豊かな香りがあり、その味の面からの愛好者も増加中なんです。  そんなもち麦ですが、朝食で食べることでより太りにくい体が作れる、というメリットもあることをご存知でしょうか? そもそも太る理由は、血糖値 →さらに読む

  • 新ブランド米攻勢

  • 2019年3月19日

    新之助 1・3倍→2680ヘクタール 富富富 2・1倍→1100ヘクタール 作付面積拡大売り込み強化 高価格帯に照準 2019年産で増産を計画する主な米新品種  「新之助」や「富富富」など、今年は各県が独自に開発した新ブランド米の生産拡大を進める。産地は良食味をアピールし、前年産を大きく上回る作付けを計画。狙うのは、家庭向け高価格販売だ。各産地とも売り込みを強め、販売競争が加熱しそうだ。(宗和知克 →さらに読む