お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

おこめの話 INDEX

  • 北海道の新米をおいしく食べる一工夫

  • 2018年10月22日

    北海道米を味わいつくそう 北海道には食味がよく、個性豊かな味わいの米の品種がたくさんあります。味の好みや料理に合わせて、いろいろ選べるのは魅力的ですよね。そして郊外へちょっと足をのばせば、おいしい米を作っている田んぼや生産者に出会える環境もうれしいところ。ごはんが食卓に上るまでのストーリーを知ると、さらに北海道米を堪能できるのではないでしょうか。 米選びの参考に 北海道が誇る多彩な米の品種と特徴 →さらに読む

  • 生米から30分で、もちもち玄米ごはんを作る方法

  • 2018年10月20日

    新米の季節がやってきました。みずみずしい味わいは秋の幸せですね。 なかでも、糠におおわれ胚芽もついたままの玄米は、香り豊かで栄養豊富。 知ってはいても、家で玄米を炊いたらおいしくなかった......という方もいますよね。 玄米革命! 生米から30分で絶品玄米ごはん image via Shutterstock 玄米を炊くときにぶつかる壁が、定番の下準備「○時間以上浸水させておきましょう」。 朝昼 →さらに読む

  • 新米の卸値、1~4%高

  • 2018年10月18日

    業者間取引、4年連続上昇 夏の天候不順響く 新米の卸値が4年連続で上昇した。出回り始めた2018年産の主力銘柄の業者間取引価格は1年前(17年産)より1~4%ほど上がった。春の時点では値下がりを予想する卸がほとんどだったが、6~8月にかけての天候不順が影響し、収穫が遅れた地域も多い。 画像の拡大 画像の拡大 今年は新米の収穫が遅れている地域も多い(都内店舗) 取引形態にもよるが、代表的な銘柄の新潟 →さらに読む

  • 金のいぶきの炊き方

  • 2018年10月17日

    基本のおいしい炊き方 1.計量 「金のいぶき」を計量カップ(180cc)に入れ、表面をならしてすり切りではかる。1合(150g) 2.洗米 計量した「金のいぶき」をざるに入れて、表面を洗い流すイメージで優しく洗う。洗米後はしっかり水気を切る。 3.水加減 水気を切った「金のいぶき」を炊飯器の内釜に入れて、1合(150g)に対して水240ccを注ぐ。水は計量カップではかる。 4.炊飯 浸漬せずに白米 →さらに読む

  • 猛暑に耐えた、温暖化対応の米・みずかがみ

  • 2018年10月16日

    滋賀県が地球温暖化に対応するため開発したブランド米「みずかがみ」の本年産の品質と収量が、夏の記録的な猛暑に耐え、前年並みを維持していることが分かった。異常高温の影響が見られた県内の他品種と比べて暑さに強い特性を改めて示し、栽培面積拡大を目指す県は「追い風になる」と喜んでいる。 みずかがみは8月下旬から9月上旬に収穫期を迎える早生(わせ)品種。県内の検査機関が8月末までに出荷された約4300トンを →さらに読む

  • 〇〇を入れるだけ!? お米を美味しく炊く裏ワザ

  • 2018年10月15日

    新米が美味しい季節ですね。ただ、新米もその年によって出来・不出来があります。グレードの高いお米なら間違いないとはいえ、それなりに価格も高いので、家計のことを考えると毎度というわけにはいきません。手に入りやすい比較的安いお米でも、美味しくいただく方法はないものでしょうか。そこで安価なお米や古くなってしまったお米でも、炊いて美味しくなるとっておきの裏ワザを 米を美味しく炊く裏ワザ基本編 お米を美味し →さらに読む

  • 新米の卸値、4年連続上昇

  • 2018年10月13日

    18年産、全銘柄平均1万5763円 農林水産省は12日、2018年産の新米の卸値(相対取引価格)を発表した。JAグループなどからコメ卸に販売する価格は、9月時点の全銘柄の加重平均が1俵(60キロ)あたり1万5763円となった。1年前(17年産の新米)と比べて1.5%上昇した。秋の出回り時期に米価が上がるのは4年連続。天候不順による収穫の遅れも影響したようだ。 東北のコメは宮城産「ひとめぼれ」が同3 →さらに読む

  • 18年産コメ価格、1.5%高 4年連続の上昇

  • 2018年10月13日

    農林水産省は12日、2018年産の新米が出回り始めた9月の出荷業者と卸売業者の相対取引価格を発表し、全銘柄の平均は玄米60キロ当たり1万5763円と前年同期比1.5%の上昇だった。値上がりは4年連続。長く続いた生産調整(減反)を今年から廃止したが増産の動きは限定的で、堅調な価格が維持された格好だ。  一方でコメは需要の減少傾向に歯止めがかかっていない。値上がりで家計の負担も増えるため、消費者のコ →さらに読む

  • 美味しいご飯のポイントその1!

  • 2018年10月12日

    お米には野菜と同じように鮮度があるんだよ。空気にふれると酸化が進み、徐々に風味を失ってしまうよ。買ったままの状態の米袋には空気穴がついているから、購入後は密閉容器や密閉袋に入れて保存してね。 玄米で保存し、炊く前に精米すると、お米本来の風味が味わえます。 白米の場合 お米は精米直後から酸化がすすみ、徐々に本来の風味が損なわれていきます。 玄米の場合 玄米で保存すると酸化が抑えられます。 日が経つ →さらに読む

  • お米をおいしく炊くコツは"温度"にあった!

  • 2018年10月11日

    秋になり、新米の季節がやってきました。収穫したてのお米を炊いたときのなんとも言えない清々しい香り、口にしたときの弾力、ほのかな甘みを感じるたび、「日本に生まれてよかった!」と思いますね。ところで、そんなおいしい新米をもっとおいしく食べる方法があるのをご存知でしょうか。 おいしいご飯を食べたいと思ったら、まずは「いいお米を選ぶこと」が大事なのですが、その次に大切なのが「炊き方」。いくらいいお米でも →さらに読む