お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

世界で唯一、自分好みの究極のお米を作る!

美味しいお米はいろいろ食べてはみたけれど
私の好みにピッタリってないかしら?それならいい方法があります。ご自分の好みに合わせて
ブレンドすればいいのです。一流のお米どおしで作る究極のオリジナルブレンドです。そこで
味のシミレーションをご用意しました。銘柄とキロ数を選んで組み合わせてください。これなら
私の一番が見つかるわね!

お米は鮮度も命!おこめひろば野口屋では、どんなに少量でもご注文を頂いてから、 お好みに合わせて精米し、お届けします。美味しい幸せをどうぞお召し上がりください。

お米コンシェルジュ・お米マイスター店主 野口からのお薦めブレンド(お仕立て)の一例をご紹介します!
★歯応えの中にもモチモチ感があるブレンド
長野五郎兵米2割  京都京の宮御膳2割  夢ごこち1割

★噛んでて甘味を感じながらもコシを感じるブレンド
魚沼塩沢コシ2割   佐賀さがびより2割  ミルキークィーン1割

★さっぱりしながらも粘りを感じるブレンド
北海道ななつぼし2割  山形つや姫2割  北海道ゆめぴりか1割

★モチモチ大好き!でも歯応えもあるブレンド
魚沼湯沢コシ5割  夢ごこち3割   ミルキークィーン2割

ブレンドの新しい美味しさをお試しいただき、ご自分の好みに最も合う1番のお米をお楽しみくださいませ。

ブレンド(お仕立て米)

お味のシミレーション

ブレンド(お仕立て)・ご注文方法:

1.2つ以上の銘柄と、それぞれキロ数を選びます。
2.ブレンド(お仕立て)のお米の特徴の予想が★印で表示されます。
3.分つきを選びます。(お選びいただいたお米、すべて同じ分つきとなります)
4.お選びいただいた内容は下に自動で転記されます。そのままご注文、お問い合わせできます。
※より詳しいご注文方法はこちらのページにも記載してあります。

  • 銘柄1 Kg
  • 銘柄2 Kg
  • 銘柄3 Kg
  • 銘柄4 Kg
  • 銘柄5 Kg

「分つき」を選択してください

    お仕立て米 予想

  • 粘り

  • つや

  • 甘味

  • 固さ

お選び頂いた商品の合計金額  0円(税込)
※合計金額に送料は含まれていません。→送料確認

お問い合わせ・ご注文フォーム

お選びいただいたお仕立て内容で問い合わせたり、注文する場合は、お名前等をご入力の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
マークが表示されている項目は入力必須です。 ※ご注文の場合は、特定商取引法上の記載送料についてもご確認ください。

お問い合わせ ご注文




お仕立て内容の確認(この部分はメールに自動的に送信されます)
(お仕立て内容は、ここに表示されます)


おこめの話 最新1件

いつものお米をワンランクアップ

土鍋で炊き上げる銀シャリレシピ

美味しい白米は
それだけで食卓の主役!

 第1回は、和食にかかせない"白いごはん"。特別なお米を使わなくても、土鍋とコンロで炊いたお米は格別です。男性ウケも抜群の、土鍋ごはんの炊き方は、意外とカンタン!

蓋を開ければ幸せの湯気が香る!
◆土鍋炊きごはん

見た目にも美しい、"映える"ごはん。

材料(2~3人分)

・お米:2合
・水:360cc ※お米と同量

作り方

(1) お米をボールに入れ、たっぷりの水で研ぎます。手の指を立てて軽く混ぜるように研ぐだけで十分です。

 最初の研ぎはお米の汚れを落とすためなので、吸わせないためにもさっと混ぜたら、すぐ水を捨ててください。全部で4回くらい水を替えれば研ぎはOK。

押しつぶさないように指を立てて、そっとやさしく。

 近年は精米技術が発達し、ギュウギュウ研がなくてもヌカの臭みは残りません。むしろ力を入れて研ぐと、お米が割れて炊き上がりがベタベタになってしまいます。

よく水を吸ったお米は真っ白に。

(2) お米の入ったボールにたっぷりの水(分量外)を張り、そのまま30分ほど置きます。浸水することで、米の芯まで水分が行き渡り、熱が入りやすくなるので、炊いた時にふっくら、ツヤツヤに仕上がります。浸水させたお米は真っ白になります。

お店ではもっと大きな土鍋で炊きますが、今回は小さな土鍋で。

(3) お米をざるにあけて水気を切り、土鍋に移し分量の水を入れ、蓋をします。浸水させる水と、炊く時の水は替えましょう。

沸騰するまでは蓋を取っていても大丈夫です。大きな粘り気のある泡が立ってきたら、そこからはしっかり蓋をして蒸らし上がるまで、外さないでください。

(4) 蓋をした鍋を、中~強火にかけて、10分かけて沸騰させます。大きな泡がブクブクしだしたらトロ火に弱め、7分炊きます。火を止めて、10分そのまま蒸らします。

(5) 蒸らし時間が終わったら、余分な水分を飛ばし、ふんわりしたご飯に仕上げるために、すぐほぐしましょう。

お米が光り、粒がしっかり立っています。

 しゃもじを縦に使って切るように全体を混ぜます。固まりをほぐして全体に空気を触れさせると、米粒がツヤツヤになります。

茶碗によそう時はフンワリと。

 以上が、基本の作り方です。

 実際に食べてみて、硬いと感じたら、次回からは水を足してみましょう。逆に、柔らかいと感じたら水を減らします。

 好みの水加減で炊けるようになりましょう!