お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

世界で唯一、自分好みの究極のお米を作る!

美味しいお米はいろいろ食べてはみたけれど
私の好みにピッタリってないかしら?それならいい方法があります。ご自分の好みに合わせて
ブレンドすればいいのです。一流のお米どおしで作る究極のオリジナルブレンドです。そこで
味のシミレーションをご用意しました。銘柄とキロ数を選んで組み合わせてください。これなら
私の一番が見つかるわね!

お米は鮮度も命!おこめひろば野口屋では、どんなに少量でもご注文を頂いてから、 お好みに合わせて精米し、お届けします。美味しい幸せをどうぞお召し上がりください。

お米コンシェルジュ・お米マイスター店主 野口からのお薦めブレンド(お仕立て)の一例をご紹介します!
★歯応えの中にもモチモチ感があるブレンド
長野五郎兵米2割  京都京の宮御膳2割  夢ごこち1割

★噛んでて甘味を感じながらもコシを感じるブレンド
魚沼塩沢コシ2割   佐賀さがびより2割  ミルキークィーン1割

★さっぱりしながらも粘りを感じるブレンド
北海道ななつぼし2割  山形つや姫2割  北海道ゆめぴりか1割

★モチモチ大好き!でも歯応えもあるブレンド
魚沼湯沢コシ5割  夢ごこち3割   ミルキークィーン2割

ブレンドの新しい美味しさをお試しいただき、ご自分の好みに最も合う1番のお米をお楽しみくださいませ。

ブレンド(お仕立て米)

お味のシミレーション

ブレンド(お仕立て)・ご注文方法:

1.2つ以上の銘柄と、それぞれキロ数を選びます。
2.ブレンド(お仕立て)のお米の特徴の予想が★印で表示されます。
3.分つきを選びます。(お選びいただいたお米、すべて同じ分つきとなります)
4.お選びいただいた内容は下に自動で転記されます。そのままご注文、お問い合わせできます。
※より詳しいご注文方法はこちらのページにも記載してあります。

  • 銘柄1 Kg
  • 銘柄2 Kg
  • 銘柄3 Kg
  • 銘柄4 Kg
  • 銘柄5 Kg

「分つき」を選択してください

    お仕立て米 予想

  • 粘り

  • つや

  • 甘味

  • 固さ

お選び頂いた商品の合計金額  0円(税込)
※合計金額に送料は含まれていません。→送料確認

お問い合わせ・ご注文フォーム

お選びいただいたお仕立て内容で問い合わせたり、注文する場合は、お名前等をご入力の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
マークが表示されている項目は入力必須です。 ※ご注文の場合は、特定商取引法上の記載送料についてもご確認ください。

お問い合わせ ご注文




お仕立て内容の確認(この部分はメールに自動的に送信されます)
(お仕立て内容は、ここに表示されます)


おこめの話 最新1件

専門家たちに聞いた!最高に美味しい「おにぎり」の食べ方・作り方レシピ

おにぎりは日本人にとってソウルフード。好きな具をめぐって討論されるほどの国民食です。今回はそんなおにぎりの美味しい食べ方や、つくり方、おしゃれなレシピをご紹介。おにぎり協会代表理事の中村祐介さん、「おにぎり ぼんご」代表の右近由美子さん、料理家の寺井幸也さんのお三方に教えていただきました。

【目次】

おにぎりを最高に美味しく食べたいなら、5つの条件を満たしていること


条件1:自分好みの系統を知ってから「お米の銘柄」を選ぶ

条件1:自分好みの系統を知ってから「お米の銘柄」を選ぶ
米の銘柄にもこだわってみて

最高のおにぎりは、やはりお米の銘柄にこだわるところから始まります。ざっくりとした違いは、あっさり系・もちもち系という系統と、やわらかい・硬いという硬軟。例えば、あっさり系でやわらかいなら、ササニシキ。もちもち系でやわらかいなら、ゆめぴりかがベター。後者はしっとりとした粒感が特徴で、口の中に入れると甘味の広がりがあります。

おいしいおにぎりと出合うためには、まず自分好みのお米のタイプを知ること。この行程が、お店でおにぎりを選ぶときも楽しめますし、自宅でつくるときのポイントにもなります。

まずは、これまでに食べたお米のなかで、最も好みだったものを思い出しましょう。それからおにぎりで使われているお米をチェックするようにするのが、さらにおいしく食べるためのコツです。最近では、玄米や雑穀米も人気。白米に限らず、「おいしい!」と思ったお米の種類を、振り返ってみてください。

気をつけてほしいのは、具材との相性。あっさり系のお米が好きな方は、そこに味が濃いものをいれてしまうと、食べたときのバランスが悪くなってしまいます。自分の味の好みから具材を導き出すことが大切です。また、その具材の機能性にも注目しましょう。例えば梅干しに多く含まれるクエン酸と塩分は、疲れたカラダを癒やす効果が期待できます。

普段はあっさり味のお米が好きな人は、具材もなるべく味が薄めのものがよさそうです。例えば、ササニシキのおにぎりなら、鮭やツナのようなパンチの弱い具材がいいでしょう。(中村さん)

条件2:「優しく握られた」おにぎりを選ぶ

条件2:「優しく握られた」おにぎりを選ぶ
より一層おいしく味わうには炊き方や握り方にもこだわりを

自分でおにぎりをつくるときは、炊飯や握り方でおいしさが変わります。お店で買うときは優しく握ったものを選ぶと、最高のおにぎりを味わえるでしょう。

条件3:できあがりから4時間以内に食べる

条件3:できあがりから4時間以内に食べる
具材がお米に影響を与えだすので、あまり時間を置かないこと!

手づくりのおにぎりであれば、できあがりから4時間以内に食べてください。食べるタイミングによって、具材の選び方は少し変わります。例えば、ツナマヨなど油分があるものは、時間が経つとおにぎりの形が崩れてしまうほか、傷みやすいなどの問題があります。こうした具材のおにぎりは、すぐ食べるときに向いています。一方、古くから愛される梅、鮭、おかか、昆布などは、4時間後でもおにぎりは崩れず、おいしく食べられます。

どうしてもツナがいい場合には、油分をしっかり切ってマヨネーズは控えめにし、レモン汁や黒こしょうを効かせてください。おにぎりの具材は油分が大敵で、塩と酸が豊富なものがおいしいです。(中村さん)

条件4:まずは形を愛で、それから「粒感を確認しながら」食べる

条件4:まずは形を愛で、それから「粒感を確認しながら」食べる
おにぎりの素晴らしいフォルムを堪能してください

多くの方が知っている三角型は、江戸時代になってから関東地方で完成されました。五街道が整備され、旅人が携行しやすいように改良されたといわれています。東北地方などでは円盤型で、これは寒い地方ゆえに火をあてやすく、表面積を多く取っていることが考えられます。

関西地方で多く見られる俵型は、江戸時代、町人文化が花開いた大坂(後に大阪)で幕の内弁当に入っていたことから、それがおにぎりへと変わってなっていったようです。味付け海苔が巻きやすいからという理由もあります。丸型は中部地方を中心に、中国・四国・九州と全国に広く分布しています。江戸時代、野菜の残ったものを混ぜ込んだ『かて飯』を食べることが多かったのですが、そのかて飯として、握りやすい形ともいわれています。

おにぎりの形を理解したら、まずはその形を愛でること。その上で、お米がしっかり粒感を出せているかをチェックして、ひと口食べます。口に入れてお米がほろほろと、ほどけるほどの口ほどけ感のあるおにぎりは、おいしいおにぎりと言えます。さらに、具材とお米のバランスも楽しんで。

海苔はパリパリ派としっとり派の2大派閥がありますが、パリパリ派が好きな方は、海苔のついていないおにぎりを買って、海苔をあとづけするのもおすすめの食べ方です。また、しっとりした海苔がかみ切りづらいという場合は、爪楊枝で海苔に一定の間隔で穴を開けておくと、噛み切りやすくなります。(中村さん)

条件5:お弁当として持っていくときは「木製容器」に入れる

条件5:お弁当として持っていくときは「木製容器」に入れる
お弁当に入れるときは容器にこだわることが重要

お弁当におにぎりを入れるときは、お弁当箱にこだわりをもつと、おいしさに違いが出ます。水分の逃げ場がなく密閉性の高いプラスチック製だと、おにぎりだけでなく、お弁当の中身が傷みやすくなります。

お弁当が傷む主な理由は、水分と高い温度なので、夏場にはプラスチック製のお弁当箱には、保冷剤を添えるように気をつけましょう。外で食べるときのお弁当におすすめなのは、少し高価ですが木製の容器です。木材だと適度な隙間があり、余計な水分を吸収してくれます。

また、おにぎりはできたてのおにぎりをラップで包むと余計な水分がこもり、傷む原因になります。少し隙間をつくったり、粗熱をしっかり取ってから包むほうが、傷みにくくなります。冷めてしまったおにぎりは、家であれば"焼きおにぎり"にして食べるのも適しています。(中村さん)

いかがだったでしょうか。ぜひ、これからの行楽の時季に、運動会などで試してみてはいかがでしょうか。