お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

世界で唯一、自分好みの究極のお米を作る!

美味しいお米はいろいろ食べてはみたけれど
私の好みにピッタリってないかしら?それならいい方法があります。ご自分の好みに合わせて
ブレンドすればいいのです。一流のお米どおしで作る究極のオリジナルブレンドです。そこで
味のシミレーションをご用意しました。銘柄とキロ数を選んで組み合わせてください。これなら
私の一番が見つかるわね!

お米は鮮度も命!おこめひろば野口屋では、どんなに少量でもご注文を頂いてから、 お好みに合わせて精米し、お届けします。美味しい幸せをどうぞお召し上がりください。

お米コンシェルジュ・お米マイスター店主 野口からのお薦めブレンド(お仕立て)の一例をご紹介します!
★歯応えの中にもモチモチ感があるブレンド
長野五郎兵米2割  京都京の宮御膳2割  夢ごこち1割

★噛んでて甘味を感じながらもコシを感じるブレンド
魚沼塩沢コシ2割   佐賀さがびより2割  ミルキークィーン1割

★さっぱりしながらも粘りを感じるブレンド
北海道ななつぼし2割  山形つや姫2割  北海道ゆめぴりか1割

★モチモチ大好き!でも歯応えもあるブレンド
魚沼湯沢コシ5割  夢ごこち3割   ミルキークィーン2割

ブレンドの新しい美味しさをお試しいただき、ご自分の好みに最も合う1番のお米をお楽しみくださいませ。

ブレンド(お仕立て米)

お味のシミレーション

ブレンド(お仕立て)・ご注文方法:

1.2つ以上の銘柄と、それぞれキロ数を選びます。
2.ブレンド(お仕立て)のお米の特徴の予想が★印で表示されます。
3.分つきを選びます。(お選びいただいたお米、すべて同じ分つきとなります)
4.お選びいただいた内容は下に自動で転記されます。そのままご注文、お問い合わせできます。
※より詳しいご注文方法はこちらのページにも記載してあります。

  • 銘柄1 Kg
  • 銘柄2 Kg
  • 銘柄3 Kg
  • 銘柄4 Kg
  • 銘柄5 Kg

「分つき」を選択してください

    お仕立て米 予想

  • 粘り

  • つや

  • 甘味

  • 固さ

お選び頂いた商品の合計金額  0円(税込)
※合計金額に送料は含まれていません。→送料確認

お問い合わせ・ご注文フォーム

お選びいただいたお仕立て内容で問い合わせたり、注文する場合は、お名前等をご入力の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
マークが表示されている項目は入力必須です。 ※ご注文の場合は、特定商取引法上の記載送料についてもご確認ください。

お問い合わせ ご注文




お仕立て内容の確認(この部分はメールに自動的に送信されます)
(お仕立て内容は、ここに表示されます)


おこめの話 最新1件

コシヒカリと人気二分! かつてシェア2位の「ササニシキ」、なぜ見なくなった?

新米が店頭に並ぶ時季です。「コシヒカリ」「ひとめぼれ」「あきたこまち」など、さまざまな品種の米が並ぶ中、昔はよく見かけた品種を最近、すっかり見なくなりました。かつてコシヒカリと人気を二分し、全国2位のシェアを誇った「ササニシキ」です。なぜ見なくなったのでしょうか。

ササニシキ(古川農業試験場提供)

ハツニシキとササシグレの掛け合わせ

Q.ササニシキの誕生と、人気の米になった経緯を教えてください。

担当者「ササニシキは、古川農業試験場でハツニシキとササシグレを掛け合わせて1963年に生まれた品種です。普及したのは、当時、宮城県の主力品種だった『ササシグレ』より5%程度増収できたことや、いもち病に対する弱さが改善されたことなどが理由です。

優しく上品な味わいが好まれ、1970年ごろから『コシヒカリとササニシキはおいしい米』との評価が高まり、ササニシキブームが起きました。和食の風味を最大限に引き出す、さらりと口の中でほどける穏やかな味わいが特徴です」

Q.最盛期の作付面積とシェアを教えてください。

担当者「全国的には、1990年の作付割合11.3%(面積20万7438ヘクタール)がピークで、コシヒカリに次いで2位でした。宮城県内でも1990年がピークで、83%(8万1755ヘクタール)を占めました」

Q.最近の全国の作付割合でササニシキは上位20品種に入っていません。宮城県ではどうなのでしょうか。

担当者「2018年産の水稲の作付割合は、ひとめぼれ76%、つや姫7%、ササニシキ6%です。ササニシキは県北部や東部の作付が多いようです」

Q.なぜ激減したのですか。

担当者「ササニシキは1991年のいもち病多発や、1993年の冷害といもち病の多発などで作付が減少しました。一方で、1991年にデビューしたひとめぼれは、いもち病や冷害による被害が比較的少なかったため、作付割合が逆転しました。93年はササニシキ63%、ひとめぼれ24%だったのが、94年にはササニシキ39%、ひとめぼれ53%となりました。消費者に安定した収量・品質の米を届けられなかったことで、ササニシキの栽培は減少し、ひとめぼれが増加したのです。

粘りが強い食味の『コシヒカリタイプ』の米が好まれるようになったことも、ササニシキが減った理由です。ササニシキは、さらりとしてあっさりした食感が特徴ですが、1980年代後半以降、東北地方で栽培が始まった、あきたこまち、ひとめぼれ、はえぬきといった品種は、大部分が直接間接にコシヒカリの掛け合わせで生まれた品種で、全国的にも同様の傾向が見られました」

Q.一方で、すし店では今もササニシキの人気が高いと聞きます。その理由は。

担当者「先ほど述べたように、ササニシキはあっさりとした食感で、和食との相性が良いのが特徴です。特に、すし用に調整したすし飯での食味が評価されています」