お仕立て米が買えるお米屋

お米ひろば お仕立て米 野口米店

日本一のお米を組み合わせ自分だけの究極のお仕立て米を作る!

日本一のお米、名人のお米、こだわりのお米、全国の銘柄米を販売しております。

世界で唯一、自分好みの究極のお米を作る!

美味しいお米はいろいろ食べてはみたけれど
私の好みにピッタリってないかしら?それならいい方法があります。ご自分の好みに合わせて
ブレンドすればいいのです。一流のお米どおしで作る究極のオリジナルブレンドです。そこで
味のシミレーションをご用意しました。銘柄とキロ数を選んで組み合わせてください。これなら
私の一番が見つかるわね!

お米は鮮度も命!おこめひろば野口屋では、どんなに少量でもご注文を頂いてから、 お好みに合わせて精米し、お届けします。美味しい幸せをどうぞお召し上がりください。

お米コンシェルジュ・お米マイスター店主 野口からのお薦めブレンド(お仕立て)の一例をご紹介します!
★歯応えの中にもモチモチ感があるブレンド
長野五郎兵米2割  京都京の宮御膳2割  夢ごこち1割

★噛んでて甘味を感じながらもコシを感じるブレンド
魚沼塩沢コシ2割   佐賀さがびより2割  ミルキークィーン1割

★さっぱりしながらも粘りを感じるブレンド
北海道ななつぼし2割  山形つや姫2割  北海道ゆめぴりか1割

★モチモチ大好き!でも歯応えもあるブレンド
魚沼湯沢コシ5割  夢ごこち3割   ミルキークィーン2割

ブレンドの新しい美味しさをお試しいただき、ご自分の好みに最も合う1番のお米をお楽しみくださいませ。

ブレンド(お仕立て米)

お味のシミレーション

ブレンド(お仕立て)・ご注文方法:

1.2つ以上の銘柄と、それぞれキロ数を選びます。
2.ブレンド(お仕立て)のお米の特徴の予想が★印で表示されます。
3.分つきを選びます。(お選びいただいたお米、すべて同じ分つきとなります)
4.お選びいただいた内容は下に自動で転記されます。そのままご注文、お問い合わせできます。
※より詳しいご注文方法はこちらのページにも記載してあります。

  • 銘柄1 Kg
  • 銘柄2 Kg
  • 銘柄3 Kg
  • 銘柄4 Kg
  • 銘柄5 Kg

「分つき」を選択してください

    お仕立て米 予想

  • 粘り

  • つや

  • 甘味

  • 固さ

お選び頂いた商品の合計金額  0円(税込)
※合計金額に送料は含まれていません。→送料確認

お問い合わせ・ご注文フォーム

お選びいただいたお仕立て内容で問い合わせたり、注文する場合は、お名前等をご入力の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
マークが表示されている項目は入力必須です。 ※ご注文の場合は、特定商取引法上の記載送料についてもご確認ください。

お問い合わせ ご注文




お仕立て内容の確認(この部分はメールに自動的に送信されます)
(お仕立て内容は、ここに表示されます)


おこめの話 最新1件

米消費右肩下がりが続く「消費性向の変化が影響」との見解

日本における米の消費量は右肩下がりである。農林水産省の統計によると、平成9年には食用米需要量が900万トンを超えていたが、ここ数年は700万トンを超えることはなく、20年で需要量に200万トン近い減少がみられるという。米の価格は2018年には上昇したものの、長期的にみればむしろ下降傾向にあるなかでも消費量が減っているというのだ。

 米の消費量が減少し続ける理由はいくつか考えられる。食卓に上がる食品の多様化、共働き世帯の増加、米を食べる層の人口などである。

 食品の多様化に関しては、主食として米ではなくパンや麺などの小麦製品を食す傾向が増したことを意味する。パンや麺類は、主食とした時に米よりも調理のバリエーションがあるのに加えて、それ一品に手間をかければパンか麺だけで十分食事として成り立つのだ。

 また、それには共働き世帯の増加が原因のひとつとして挙げられるだろう。米を炊くのにあたっては電気炊飯器の普及によって、夜に研いでタイマーをかければ朝には炊きたてのご飯を食べられる。炊飯のためにかける時間というのは大変短いのだが、一汁三菜と呼ばれるような食事を作ること、つまり米を主食として考えて副菜を用意することに手間がかかるのだ。

 具体例を挙げるなら、サンドイッチやパスタなどはそれだけで一食として満足できる。しかし、米はおにぎりを2つ食べたと仮定したときに一食として空腹は満たせても気分が満足するかというと難しいだろう。

 また、米を食べる層の年齢が摂る食事の量の問題もある。高齢者のほうが米を主食とする傾向にあると政府は発表しており、年齢別人口の問題なら米の消費は高まるはずなのであるが、高齢になるにつれて食事の量が減るため、単純に高齢者人口が増えたために米の需要も増えるという話にはならないのだ。

 日本では米の自給率が高く、米を食べることの経済的なメリットは大きい。米の需要を高めるにはどうしたらいいかを考えなければ生産者も日本の食料に関する経済事情も共倒れになるだろう。食が細くなっている高齢者ベースではなく消費量が多い若年層をターゲットにし、ライフスタイルも加味した上での工夫が必要である。